コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒガイ

百科事典マイペディアの解説

ヒガイ

コイ科の魚。地方名サクラバエ,メアカアカメなど。雄は暗灰色,背びれは灰色。雌は黄味が強く体側に黒色縦帯がある。全長20cm。愛知県以西の本州と九州北部の原産だが,現在は関東地方の河川・湖沼諏訪湖北上川などにも移殖され,ふえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒガイ

カワヒガイ」のページをご覧ください。

ヒガイ
Volva habei; shuttlecock shell; elongated egg cowrie

軟体動物門腹足綱ウミウサギ科。長 9.5cm,殻幅 2.5cm。殻は紡錘形で上下 (前後) に細長く嘴状突起があり,内巻きで螺層は現れず体層のみである。殻表は淡桃色で光沢があり,細い螺溝が上下方ほど明らかで密になる。殻口は細長く,外唇縁は厚くなる。軟体は白色で黒色眼斑が密にあり,外套で殻をおおう。外套表面は褐色地に多数の乳白色円斑があり,それぞれの円斑の中心に乳白色の突起をもつ。房総半島から九州の水深 10~50mの砂底にすむ。近縁種ツマベニヒガイ V.volvaは,前後水管が非常に長くて先端は黄橙色になり,外套表面は乳白色で,褐色円斑の中心に黒褐色の突起をもつことで区別できる。四国から熱帯太平洋に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒガイの関連キーワードヒガイ(淡水魚)アフリカマイマイヒガイ(巻き貝)イケチョウガイ掛川動物群ツキヒガイ東恵利奈川魚料理月日貝肝吸虫赤目桜鮠

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android