コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒガイ

3件 の用語解説(ヒガイの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒガイ

コイ科の魚。地方名サクラバエ,メアカアカメなど。雄は暗灰色,背びれは灰色。雌は黄味が強く体側に黒色縦帯がある。全長20cm。愛知県以西の本州と九州北部の原産だが,現在は関東地方の河川・湖沼,諏訪湖北上川などにも移殖され,ふえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒガイ
ヒガイ

カワヒガイ」のページをご覧ください。

ヒガイ
ヒガイ
Volva habei; shuttlecock shell; elongated egg cowrie

軟体動物門腹足綱ウミウサギ科。殻長 9.5cm,殻幅 2.5cm。殻は紡錘形で上下 (前後) に細長く嘴状突起があり,内巻きで螺層は現れず体層のみである。殻表は淡桃色で光沢があり,細い螺溝が上下方ほど明らかで密になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒガイの関連キーワードイトヨリダイウグイハヤマコガレイメイタガレイ老いさらばえるさらば・える痩せさらばえるサクラバクシンオー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒガイの関連情報