コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒシクイ ヒシクイ Anser fabalis; bean goose

3件 の用語解説(ヒシクイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒシクイ
ヒシクイ
Anser fabalis; bean goose

カモ目カモ科。全長 78~100cm。背面は黒褐色で黄白色の淡い横斑がある。下面は胸以下がくすんだ白色,脇が黒褐色である。は黒色で先端近くが橙黄色,脚も橙黄色。ユーラシア大陸の北部で繁殖し,5亜種に分けられているが,日本にはヒシクイ A. f. serrirostris とオオヒシクイ A. f. middendorffii の 2亜種が冬鳥(→渡り鳥)として渡来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒシクイ

カモ科の鳥。翼長50cm。全身暗褐色で羽縁は淡色。マガンに似るが,やや大きい。ユーラシア大陸北部で繁殖し,冬は南へ移る。日本には冬鳥として全国の広い湖沼,干潟等に渡来し,夜間農耕地等で水草の茎や葉を食べる。
→関連項目片野鴨池ガン(雁)化女沼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒシクイ
ひしくい / 菱喰
bean goose
[学]Anser fabalis

鳥綱カモ目カモ科の鳥。全長75~100センチメートルヨーロッパシベリア北部のツンドラ地方で繁殖(森林地方では亜種のオオヒシクイが繁殖)、温帯に渡り、越冬する。日本にもマガン同様に多く渡来するが、両種は別群をなし、嘴(くちばし)がマガンより強くハス根、ヒシの実などを好むが草も食べる。以前は千葉県の湖沼を主越冬地とし、埼玉県の耕地、岐阜県下池(しもいけ)などにも渡来したが、開拓のため放棄し、宮城県伊豆沼、秋田県八郎潟干拓地、石川県大聖寺(だいしょうじ)などに渡来地が限定されてきた。中継地として北海道サロベツ原野、石狩平野などにも渡来する。ほかにヒメヒシクイ、コザクラバシガンなどがあり、計6亜種とされる。1971年(昭和46)に国の天然記念物に指定されている。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒシクイの関連キーワードカモかもかも黒鳥瘤白鳥縞味晨鳧フランクリン鴎カモカモカモ(鴨)ガンカモ類(雁鴨類)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒシクイの関連情報