コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化女沼 ケジョヌマ

3件 の用語解説(化女沼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けじょ‐ぬま〔ケヂヨ‐〕【化女沼】

宮城県北部にある湖。もと自然湖で、洪水調節などを目的として平成8年(1996)にダム化。オオハクチョウヒシクイなどの飛来地。オジロワシオオワシなどの猛禽(もうきん)類なども生息しているため、平成20年(2008)、国指定の鳥獣保護区となり、続いてラムサール条約にも登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

化女沼

大崎市古川にある周囲4キロのダム湖。もとは自然湖だったが、治水事業でダム化された。冬にハクチョウマガンヒシクイなどの渡り鳥が飛来することで知られ、特にヒシクイは国内の8割以上が集まるという。

(2008-05-29 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

化女沼【けじょぬま】

〈けしょうぬま〉とも。宮城県大崎市,国道4号と東北自動車道との間に位置する沼。かつては天然の沼であったが,1995年に治水ダムが完成している。水深は浅く,湿性植物が広く分布していて水鳥の格好の生息地となっている。
→関連項目ラムサール条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

化女沼の関連キーワード栗原内沼潟沼蕪栗沼宮城県北部地震魚取沼宮城県牡鹿郡宮城県加美郡宮城県遠田郡宮城県宮城郡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

化女沼の関連情報