コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化女沼 ケジョヌマ

3件 の用語解説(化女沼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けじょ‐ぬま〔ケヂヨ‐〕【化女沼】

宮城県北部にある湖。もと自然湖で、洪水調節などを目的として平成8年(1996)にダム化。オオハクチョウヒシクイなどの飛来地。オジロワシオオワシなどの猛禽(もうきん)類なども生息しているため、平成20年(2008)、国指定の鳥獣保護区となり、続いてラムサール条約にも登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

化女沼

大崎市古川にある周囲4キロのダム湖。もとは自然湖だったが、治水事業でダム化された。冬にハクチョウマガンヒシクイなどの渡り鳥が飛来することで知られ、特にヒシクイは国内の8割以上が集まるという。

(2008-05-29 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

化女沼【けじょぬま】

〈けしょうぬま〉とも。宮城県大崎市,国道4号と東北自動車道との間に位置する沼。かつては天然の沼であったが,1995年に治水ダムが完成している。水深は浅く,湿性植物が広く分布していて水鳥の格好の生息地となっている。
→関連項目ラムサール条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

化女沼の関連情報