コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片野鴨池 かたのかもいけ

3件 の用語解説(片野鴨池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片野鴨池
かたのかもいけ

石川県南西部,加賀市日本海沿岸にある池。橋立丘陵内の谷底平野が砂丘により閉ざされてできた淡水池で,マガンヒシクイなどガンカモ類の越冬地として知られる。カモ類をねらってオジロワシオオタカなどの猛禽類も生息するほか,ミズアオイなどの希少植物が自生する。また,坂網猟と呼ばれる投網(なげあみ)によるカモ猟が江戸時代から伝承されている。越前加賀海岸国定公園に属する。1993年,周辺の水田,低湿地を含む 0.1km2ラムサール条約に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かたのかも‐いけ【片野鴨池】

石川県南部、加賀市にある池。加賀市大聖寺の北西約3キロメートル、標高20~50メートルの丘陵の中にある淡水湿地。面積約1平方キロメートル。冬季にはガン・カモなど数千羽が飛来する。越前加賀海岸国定公園に属する。国指定片野鴨池鳥獣保護区に指定され、平成5年(1993)ラムサール条約に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

片野鴨池【かたのかもいけ】

石川県加賀市,日本海から1kmほど内陸にある池。流入する片野川の運搬する土砂と海風によって吹き寄せる海砂とが堆積し,せき止められる形で上流部に湿地を形成。これらの多くが江戸時代に水田化されたが,残された池はマガンヒシクイの越冬地となり,カモの大群も飛来する。
→関連項目加賀[市]ラムサール条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

片野鴨池の関連情報