コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒッピアス Hippias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒッピアス
Hippias

[生]前560頃
[没]前490. レムノス?
古代ギリシア,アテネの僭主 (在位前 528/7~510) 。父ペイシストラトスの跡を継いで僭主となり,初めは穏健な支配者で,詩人や工人を保護し,アテネは繁栄したが,弟ヒッパルコスが暗殺 (前 514) されてのち,暴政を行うようになった。前 510年アテネのクリステネスをはじめとする亡命者たちの助力を得たスパルタ軍によってアテネから追放されシゲオンに逃れ,のちアケメネス朝ペルシアダレイオス1世のもとに行った。マラトンの戦いのときにはペルシア軍を導いたといわれ,その帰途死んだといわれる。

ヒッピアス
Hippias of Elis

前5世紀頃在世のギリシアソフィスト。エリス出身。プロタゴラスの同時代者としてプラトンの対話篇『大ヒッピアス』『小ヒッピアス』に登場する。数学,天文学,文法,詩,音楽,英雄伝記,手工芸など多くの学芸に長じ,あらゆる問題を論じ,あらゆる質問に解答することができたといわれる博識家。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒッピアス【Hippias】

アテナイの僭主ペイシストラトスの長子。生没年不詳。父の死後その後を継ぎ(前527),弟ヒッパルコスとともにアテナイの国政を指導,穏健な政治家としての手腕を示した。しかし前514年,ヒッパルコスが殺害されると,施政はしだいに強圧的となり,反対派の運動を誘発した。この派の中心アルクメオン家と結ぶスパルタ軍の侵入を一度は撃退するが,前510年,再度の攻撃を支えきれずに国外に追われ,ペルシアの宮廷に身を寄せた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヒッピアスの言及

【クレオメネス[1世]】より

…在位,前519ころ‐前490年。前519年ころプラタイアイをアテナイと同盟させて,アテナイとテーバイの離間を図り,前510年アテナイから僭主ヒッピアスを追放し,前508年にはアテナイにおけるクレイステネスの政権獲得の妨害を試みて失敗した。前494年ころセペイアの戦でアルゴス軍を撃滅し,前491年ころにはペルシア帝国に帰順の意を表明したアイギナに制裁を加えたが,その過程で,従来から対立していたエウリュポン家の同僚王デマラトスを策略によって追放し,そのことが露見して亡命した。…

※「ヒッピアス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒッピアスの関連キーワードヒッピアス(古代ギリシアのソフィスト)ハルモディオスとアリストゲイトンヒッピアス(古代ギリシアの僭主)クレオメネス[1世]クレオメネス(1世)アリストゲイトンアテネ(ポリス)クレオメネス1世アイスキュロスクレイステネスハルモディオス僭主殺害者ダレイオスマラトン記憶術詭弁

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android