コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒノキ(檜) ヒノキChamaecyparis obtusa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒノキ(檜)
ヒノキ
Chamaecyparis obtusa

ヒノキ科の常緑高木。屋久島から東北地方南部まで,本州,四国,九州の山地に自生するが,高級建築材として広く植林され,また庭園樹としても普通に栽植される。はまっすぐに伸び,高さ 30~40mにもなる。樹皮は赤褐色で縦に裂け,薄片となってはげ落ちる。葉は鱗片状で十字対生し,上下のものは小枝や細枝に密着して先が鈍く,左右のものは鎌形ないし舟形で左右に開いている。葉の下面には気孔線に沿ってY字形に白いろうがある。雌雄異花で,早春に開花する。雄花は多数が広卵形に集ってつき紫褐色。雌花は球形で鱗片上に4胚珠を生じる。球果はその年の秋に褐色に熟し,径 1cm前後になる。園芸品種にはチャボヒバ C. obtusa var. breviramea,クジャクヒバ C. obtusa var. filicoides,スイリュウヒバ C. obtusa var. pendulaなどがよくみられる。材は特に社殿建築に多く用いられる。また船舶材,彫刻材,器具材などにも広く利用される。樹皮でつくるひのき縄は水で腐りにくいので錨縄,筏縄などとし,葉から得た精油は香料や溶剤となる。ヒノキは「火の木」の意で,この木をこすり合せて火をつくったことによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒノキ【ヒノキ(檜) hinoki cypress】

細かい鱗片状の葉が圧着して,小枝に表裏の別があるヒノキ科の常緑高木(イラスト)。日本特産で,木材の用途がきわめて広い。 幹がまっすぐ伸び,ときに高さ50m,径2mに達する。幹の樹皮は帯赤褐色で縦に裂けて薄くはがれ,あとは赤みが強い。枝は密に分かれ,楕円状円錐形の樹冠をなす。小枝は扁平で,鱗片葉を十字対生し,葉は背腹面のものがひし形,側方のものが二つ折りで,先端は鈍形である。小枝背側(裏側)の各葉の境に白い気孔線があって,Y字形を呈する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヒノキ(檜)の言及

【津軽ヒバ】より

…陸奥(むつ)ヒバとも青森ヒバともいう。秋田の杉林,木曾(長野県木曾郡一円)のヒノキ林とともに〈日本三大美林〉の一つとして知られている。本州最北端の津軽・下北両半島に密生するヒバ(正確にはヒノキアスナロ)の天然生林と,津軽藩の保護・造林施策によって今日あるヒバを主木とする針葉樹林の総称である。…

【日本建築】より

…だが木材が手近に得やすかったためと,建築それ自体に永遠性を求めることが少なかったために,隣国の中国で石や煉瓦(塼(せん))をかなり使っているのに,日本ではついに用いなかったのであろう。木材はヒノキが使われてきた。古代からヒノキは最上の材として尊重され,平安時代ころまでの遺構はほとんどヒノキで造られているし,神社建築では現在もヒノキを主としている。…

※「ヒノキ(檜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒノキ(檜)の関連キーワード扇面画

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android