コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒムラー ヒムラー Himmler, Heinrich

2件 の用語解説(ヒムラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒムラー
ヒムラー
Himmler, Heinrich

[生]1900.10.7. ミュンヘン
[没]1945.5.23. リューネブルク
ナチス党の幹部。カトリック教徒で中学教師の息子に生れ,第1次世界大戦農業学校を卒業,戦闘的な右翼組織に入った。 1923年ミュンヘン一揆に参加。 25年ナチス党に入党,29年SS (ナチス親衛隊) 隊長,34年プロシア国家秘密警察 (ゲシュタポ) 長官代理,36年全ドイツ国家秘密警察長官。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒムラー
ひむらー
Heinrich Himmler
(1900―1945)

ナチス・ドイツの政治家。小市民出身で第一次世界大戦に志願兵として参加、戦後ミュンヘン大学で農芸化学を学ぶ。1923年のヒトラー一揆(いっき)には右翼団体の一員として参加、一揆失敗後ナチス党に入り、G・シュトラッサーに協力した。1929年SS(エスエス)(親衛隊)隊長になると、彼はこれを党内警察組織に発展させ、その権力的地位を固めた。1934年6月のレーム事件ではヒトラーに協力し、親衛隊をSA(エスアー)(突撃隊)にかわる地位につけ、1936年全ドイツの警察を掌中に収め、親衛隊と警察をてこに党と国家を裏面から支配するに至った。1939年「ドイツ民族性強化委員」となり、東欧、南東欧のゲルマン化政策の一環としてユダヤ人の大量虐殺を組織的に行った。1943年内相となる。ナチス・ドイツの敗北を前に、パルチザン部隊を組織する一方、英米への片面降伏を画策するが、ヒトラーの怒りを買い、全官職を剥奪(はくだつ)され、党から除名された。1945年5月、イギリス軍に逮捕され、自殺した。[吉田輝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒムラーの関連キーワードニューミュンヘンミュンヘン室内管弦楽団ミュンヘン・スーパー12ミュンヘン・バッハ管弦楽団ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団ミュンヘン放送管弦楽団ミュンヘンマラソンミュンヘン・バレエ団ミュンヘンビール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒムラーの関連情報