コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメコガネ ヒメコガネAnomala rufocuprea

3件 の用語解説(ヒメコガネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメコガネ
ヒメコガネ
Anomala rufocuprea

鞘翅目コガネムシ科。体長 12~16mm。体は卵形。色彩の変化が多く,背面は緑,青藍,赤褐色などであるが,頭部と前胸背が緑色で上翅が褐色のものもある。上翅には光沢があり,隆条は不明瞭で,外縁の隆起は中央後方で消える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒメコガネ

コガネムシ科の甲虫の一種。日本全土に分布。体長15mm内外,体色は緑,青,銅赤,くり色など種々。成虫は夏に出現,ダイズブドウなど各種植物の葉を食害する。幼虫も土中で植物の根を食害する。
→関連項目コガネムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメコガネ
ひめこがね / 姫金亀子虫
[学]Anomala rufocuprea

昆虫綱甲虫目コガネムシ科に属する昆虫。日本各地のほか朝鮮半島、樺太(からふと)(サハリン)にも分布する。体長13~16ミリ。中形のコガネムシで、背面は赤銅、緑銅、黒藍(こくらん)色など変化があり、上ばねは褐色のこともある。前胸背面中央は光沢が鈍いことが多い。腹部第1~第3節の両側には縦の稜線(りょうせん)がある。成虫は6月ごろから現れ、マメ類、ブドウ、クリをはじめ多くの植物の葉を食害し、幼虫は土中にいるジムシで、植物の根を食べ農作物や苗木などに害を与えることがある。1世代の期間は1、2年である。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヒメコガネの言及

【ドウガネブイブイ】より

…多くの個体は翌年の初夏のころ蛹化(ようか),次いで成虫となる。同属のヒメコガネA.rufocupreaは体長が15mm内外。緑色のほか,赤銅色,青藍色と色彩に変化が見られる。…

※「ヒメコガネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone