コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメコダイ(姫小鯛) ヒメコダイ Chelidoperca hirundinacea

1件 の用語解説(ヒメコダイ(姫小鯛)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメコダイ【ヒメコダイ(姫小鯛) Chelidoperca hirundinacea】

スズキ目スズキ科の海産魚。エレレンス(高知),イワシガンジイ(静岡県内浦)などの地方名がある。関東南部から九州,台湾にわたり分布。体はやや細長く,下あごは上あごより長く突出し,眼は非常に大きい。体の地色は朱紅色で,若年魚ではほぼ側線上に数個の細長い暗色斑紋が1縦列をなして走っているが,成長に伴ってしだいに消失し,まれには1~2個の斑紋が残る場合もある。全長18cm内外。深海性で,熊野灘や土佐沖あたりでは,機船底引網によりときにかなり多量漁獲されることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒメコダイ(姫小鯛)の関連キーワードシロギスブリマダイアオギスアサヒダイオオニベキグチトラギスマカジキ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone