ヒメコダイ(姫小鯛)(読み)ヒメコダイ(英語表記)Chelidoperca hirundinacea

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメコダイ【ヒメコダイ(姫小鯛) Chelidoperca hirundinacea】

スズキ目スズキ科の海産魚。エレレンス(高知),イワシガンジイ(静岡県内浦)などの地方名がある。関東南部から九州,台湾にわたり分布。体はやや細長く,下あごは上あごより長く突出し,眼は非常に大きい。体の地色は朱紅色で,若年魚ではほぼ側線上に数個の細長い暗色斑紋が1縦列をなして走っているが,成長に伴ってしだいに消失し,まれには1~2個の斑紋が残る場合もある。全長18cm内外。深海性で,熊野灘や土佐沖あたりでは,機船底引網によりときにかなり多量漁獲されることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android