コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメコダイ(姫小鯛) ヒメコダイChelidoperca hirundinacea

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメコダイ【ヒメコダイ(姫小鯛) Chelidoperca hirundinacea】

スズキ目スズキ科の海産魚。エレレンス(高知),イワシガンジイ(静岡県内浦)などの地方名がある。関東南部から九州,台湾にわたり分布。体はやや細長く,下あごは上あごより長く突出し,眼は非常に大きい。体の地色は朱紅色で,若年魚ではほぼ側線上に数個の細長い暗色斑紋が1縦列をなして走っているが,成長に伴ってしだいに消失し,まれには1~2個の斑紋が残る場合もある。全長18cm内外。深海性で,熊野灘や土佐沖あたりでは,機船底引網によりときにかなり多量漁獲されることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android