コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメシャラ(姫娑羅) ヒメシャラStewartia monadelpha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメシャラ(姫娑羅)
ヒメシャラ
Stewartia monadelpha

ツバキ科の落葉高木。関東地方より西の本州,四国,九州の山中に自生し,ときには庭木としても植えられる。高さは 25mぐらいにもなり,樹皮サルスベリに似て平滑で赤褐色を帯びる。葉は有柄で互生し,長さ4~8cmの質の薄い長楕円形で縁には鋸歯があり,両面にがある。7~8月に,柄のある径2~3cmの白い花を葉腋に生じる。多数のおしべは基部で互いに癒着し,円筒状の単体おしべをつくる。中央に1本のめしべがあり,子房には毛がある。材は堅く種々の細工に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒメシャラ(姫娑羅)の関連キーワードツバキ科

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android