コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメツバキ

百科事典マイペディアの解説

ヒメツバキ

イジュ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメツバキ
ひめつばき / 姫椿
[学]Schima merteusiana (Sieb. et Zucc.) Koidz.

ツバキ科の常緑高木。葉は枝先に集まって互生し、長さ4~10センチメートル、全縁である。夏、枝先の葉腋(ようえき)に径約5センチメートルの白色花を開く。(さくか)は球形。小笠原(おがさわら)に分布する。近縁種イジュは沖縄に分布し、葉に鋸歯(きょし)があるので区別される。樹皮に含まれるタンニンは染料に利用する。[島袋敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒメツバキの言及

【イジュ】より

…ツバキ科ヒメツバキ属の常緑小高木で,種子が扁平で,縁に翼をもつことからツバキ属から区別される(イラスト)。4~5月に開花する。…

※「ヒメツバキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒメツバキの関連キーワード小笠原諸島