ヒヤデス(散開星団)(読み)ひやです(英語表記)Hyades

翻訳|Hyades

日本大百科全書(ニッポニカ)「ヒヤデス(散開星団)」の解説

ヒヤデス(散開星団)
ひやです
Hyades

おうし座にある散開星団。和名は「つりがね星(ぼし)」。おうし座α(アルファ)星アルデバランの周辺に散在する星々がつくる星団であるが、アルデバランは星団には属さない。太陽にもっとも近い星団であり、その距離は160光年で、視直径(天体の見かけ上の直径。角の大きさ=角度で表す)は約330分角(1分は円周=360度の2万1600分の1の角度)である。ヒヤデスは運動星団典型であり、星団の星々は、天球上の1点(オリオン座のベテルギウスの近く)に収束するようにみえる運動をしている。そのために星団までの距離を精度高く知ることができる。ヒヤデスの距離は宇宙の距離尺度の基礎の一つとして重要である。

[大脇直明]

『ロジャー・B・カルバー著、長谷川俊雄訳『実験天文学ワークブック』(1988・恒星社厚生閣)』『野尻抱影著『野尻抱影の本1 星空のロマンス』(1989・筑摩書房)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android