コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒューロン湖 ヒューロンこLake Huron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒューロン湖
ヒューロンこ
Lake Huron

アメリカ合衆国とカナダ国境にある五大湖の一つ。五大湖中,面積ではスペリオル湖に次ぐ第2の湖で,西隣のミシガン湖とはマキノー水道でつながり,南端はセントクレール川,セントクレール湖,デトロイト川を経てエリー湖に通じる。北東部ジョージア湾につながる。北西から南東にいたる長さ 331km,最大幅 295km,面積 5万9570km2,湖面標高 176m,最大水深 229m。1615年フランスの探検家エティエンヌ・ブリュレとサミュエル・ド・シャンプランにより発見された。湖周辺のミシガン州からは石油,石灰岩,岩塩を産し,カナダのオンタリオ州のサドベリー付近からはニッケル,ブラインド川流域からはウランが産出される。湖は冬季結氷し,航行可能なのは 4~12月。湖上輸送で最も重要なのは木材と石灰岩である。湖上での漁業も盛んである。湖の名は,周辺に住むインディアンの一部族であるヒューロン族にちなんで,フランス人が名づけたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒューロン‐こ【ヒューロン湖】

Huron》北アメリカの五大湖の一。米国とカナダとの国境にまたがる。東部にジョージア湾がある。面積5万9570平方キロメートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ヒューロンこ【ヒューロン湖】

〔Huron〕 北アメリカ、五大湖の中央に位置する湖。アメリカ合衆国とカナダとの国境にまたがる。面積5万9千平方キロメートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒューロン湖
ひゅーろんこ
Lake Huron

北アメリカ東部、五大湖中面積第2位の湖。五大湖の中央部、東岸のカナダ、西岸のアメリカ合衆国の間に位置する。面積5万9570平方キロメートル。湖面標高177メートル、最大水深229メートル。北部のノース・チャネル、東部のジョージア湾を含む。北西のスペリオル湖の水をセント・マリーズ川を通じ、西のミシガン湖の水をマキナック水道を通じて受け、南のセント・クレア川、セント・クレア湖デトロイト川を通じエリー湖に注ぐ。五大湖水運の通路にあたるため水運が盛んである。12月中旬から4月初旬は氷に覆われる。北岸は緩やかな起伏をもち、湖の多いカナダ楯状地(たてじょうち)で、混交林に広く覆われる。そのほかは五大湖沿岸の平野地域で、牧畜、酪農を中心とした農業地域である。東部のジョージア湾国立公園、アルゴンキン州立公園など、沿岸にはレクリエーション地が多い。南西にベイ・シティ、南端にポート・ヒューロンと五大湖水運をもとに発展した都市がある。フランスのE・ブリュレが白人として初めて発見し、1615年にシャンプランが探検した。名称は湖岸に居住した先住民ヒューロンに由来する。[大竹一彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒューロン湖の関連キーワードスー・セント・マリー(カナダ)スー・セント・メリー運河ジョージア湾諸島国立公園スー・セント・メリー運河セント・クレア[湖]スー・セント・メリースーセントマリー運河オーウェンサウンドセントメアリーズ川スペリオル[湖]ブラインドリバースーセントマリーマニトゥーリン島ポートヒューロンミシガン[湖]セントクレア湖ミシガン[州]セントクレア川パリーサウンドエリー[湖]

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android