コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒョウアザラシ Hydrurga leptonyx; leopard seal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒョウアザラシ
Hydrurga leptonyx; leopard seal

食肉目鰭脚亜目アザラシ科ヒョウアザラシ属。体長は約 3m,体重は 270~450kg。大型の雌は体長約 3.6m,体重約 500kgに達する。出生体長は約1~1.6m,体重は約 30~35kgである。体毛の色は背部が黒褐色または青みを帯びた灰色で,腹部は淡色である。全身に黒色またはねずみ色の斑が多数散在する。体はしなやかで細長く,頭部や顎 (あご) ががんじょうで大きいことから,爬虫類のようにみえる。鼻孔は広く丸みを帯び,鼻口部の先端に位置する。両顎は幅があり,長く深い。前肢が長く,体長の約3分の1ほどの長さで,形状は鰭 (ひれ) に近い。後肢も鰭状である。上顎と下顎に門歯が各4本,犬歯が各2本,頬歯が各 10本ある。出産は9月~1月に氷上で行われる。単独で行動することが多い。おもにペンギンを捕食するが,魚類やスルメイカ類のほか,後方の頬歯がのこぎり状で噛み合うので,オキアミ類を巧みにこし取って食べることもある。まれに死んだ動物を食べる。南極ならびに亜南極に広く分布し,多くは氷縁域に生息する。流氷に乗って陸地と氷縁間を移動する。亜南極収束線を越え南アフリカや南アメリカなどに迷入する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒョウアザラシ
ひょうあざらし / 豹海豹
leopard seal
[学]Hydrurga leptonyx

哺乳(ほにゅう)綱鰭脚(ききゃく)目アザラシ科の動物。体長4.4メートルに達する大形の種である。背部は灰黒色、腹部は白色に黒色の斑点(はんてん)がある。前肢、後肢が非常に大きい。裂肉歯がよく発達し口裂も大きく、獰猛(どうもう)な表情を呈する。南極海のパックアイス(流氷群)域、外洋域に広く分布している。性格も荒く、ペンギンその他の海鳥、アザラシを多く捕食するため、南極海ではシャチとともに海のギャングとよばれる。[内藤靖彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒョウアザラシの言及

【アザラシ(海豹)】より

…南極海のように食物が豊富なところに分布するアザラシは大型で,ミナミゾウアザラシの雄は体長4.4m,体重3.2t,雌は体長2.8m,体重680kgになる。ヒョウアザラシも雌雄ともに体長2.7m,体重500kgになる。カニクイアザラシ,ロスアザラシ,ウェッデルアザラシともに2mを超え大型である。…

【ナンキョクアザラシ】より

…鰭脚(ききやく)目アザラシ科Lobodontini族の哺乳類で,南極海に分布するカニクイアザラシLobodon carcinophagusをはじめ,ウェッデルアザラシLeptonychotes weddelli,ヒョウアザラシHydrurga leptonyx,ロスアザラシOmmatophoca rossiの4種の総称。分類的には4種ともモンクアザラシに近い。…

※「ヒョウアザラシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒョウアザラシの関連キーワードナンキョクアザラシリュック ジャケハード島南極海峡極地動物南極海

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android