コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラタキクイムシ ヒラタキクイムシ Lyctidae

4件 の用語解説(ヒラタキクイムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラタキクイムシ
ヒラタキクイムシ
Lyctidae

甲虫目ヒラタキクイムシ科の昆虫の総称。いずれも体長2~7mmの小さい甲虫で,体は扁平で細長い。体色は薄茶色ないし暗褐色。触角は短く棍棒状で,複眼は大きい。ほとんどの種が食材性で,たんすや建築材,また竹材の害虫となるものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒラタキクイムシ

ヒラタキクイムシ科の甲虫の一種。世界の温帯と熱帯に広く分布し,日本では本州,四国,九州にすむ。体長5mm内外で細長く,赤褐色。幼虫は各種の乾燥木材に食い入る害虫で,特にラワン,キリなどの建材や家具材に被害が著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒラタキクイムシ【Lyctus brunneus】

甲虫目ヒラタキクイムシ科の昆虫(イラスト)。ラワン材の大害虫。体は赤褐色で名のように扁平。触角は先の2節が太く,胸は前方へ幅広い。体長2.2~7mm。世界各地に分布する。成虫は5月ころから出現し,各種の材に産卵するが,とくにラワン材を好む。材に産卵管を挿入し1~4卵ずつ産みつける。卵は10日あまりで孵化(ふか)し,幼虫は10月ころまで材の中を食害する。幼虫で越冬し,翌春再び材を食し,4~5月ころ材の中で蛹化(ようか)する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラタキクイムシ
ひらたきくいむし / 扁蠹虫
powder post beetle
[学]Lyctus brunneus

昆虫綱甲虫目ヒラタキクイムシ科Lyctidaeの昆虫。熱帯性であるが広く世界に分布し、北海道北部を除く日本全土に産する。成虫の体長2.2~8ミリ、茶褐色で細長く扁平(へんぺい)。ラワン材、ナラ材の大害虫として有名であるが、各種の広葉樹やタケの乾材も加害する。成虫は5~7月に被害材に小孔(こあな)をあけ、白粉を排出して外に出る。産卵は材表面に現れた導管内に行う。幼虫は外部に現れることなく材内部を食害し、秋に表面近くに蛹室(ようしつ)をつくり、翌春に蛹(さなぎ)になる。広葉樹の心材や針葉樹はまったく加害されない。被害の発見は幼虫期の食害の終わった成虫脱出期であるので、この虫の被害を防ぐには予防が第一である。材表面を塗装すると産卵防止効果があるが、近年は防虫処理された製材や合板が市販されている。軽微な被害材での駆除は、殺虫剤の塗付や散布、脱出孔への注入などがよい。
 この科の昆虫は世界に約90種いて、日本には本種のほかに4種が分布し、いずれも地域的に分布が限られ、ラワン材などの広葉樹の乾燥材に被害を与えている。アラゲヒラタキクイムシは竹材にも寄生する。[野淵 輝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒラタキクイムシの関連キーワード牙虫扁木喰虫木食虫長心喰虫カクムネヒラタムシベニヒラタムシ(紅扁虫)アラゲヒラタキクイムシケブトヒラタキクイムシケヤキヒラタキクイムシナラヒラタキクイムシ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone