コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒルギ

百科事典マイペディアの解説

ヒルギ

ヒルギ科のマングローブ植物。常緑高木で主として旧世界の熱帯,亜熱帯に分布し,日本にはオヒルギオオバヒルギメヒルギが自生。オヒルギは奄美群島以南の熱帯に分布。葉は対生し,長楕円形で厚く革質をなす。花は5〜6月,葉腋に1個下向きにつき,長さ約3cmで,赤色〜淡黄白色。は8〜12裂し,花弁は萼裂片と同数で,果実は卵形〜円錐形。オオバヒルギ(ヤエヤマヒルギとも)は沖縄本島以南に分布し,花は淡黄白色。萼は4深裂し,花弁は4枚。メヒルギは鹿児島県喜入町(現・鹿児島市)以南に分布する小高木で,花は白色。萼は5深裂,花弁は5枚。いずれも支柱根気根が発達し,種子は落下前に樹上で発芽するなど,海水に耐えるための特有な生態を示す。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒルギ
ひるぎ

ヒルギ科Rhizophoraceaeの植物の総称名。ヒルギ科は双子葉植物、離弁花類。常緑高木または低木。おもに砂泥の堆積(たいせき)が著しい海岸湿地、河口や感潮域の河岸などに生える。熱帯を中心に17属約100種あり、マングローブ(紅樹林(こうじゅりん))の主要構成種となる。アジアでは日本が分布の北限で、日本には九州南部にメヒルギKandelia candel (L.) Druce、オヒルギ(別名ベニガクヒルギ)Bruguiera gymnorrhiza (L.) Lamk.およびヤエヤマヒルギ(別名オオバヒルギ)Rhizophora stylosa Griff.の3属3種が生育し、西表(いりおもて)島で日本最大の紅樹林を形成する。この3属に共通する特徴は、葉は対生し、単葉で厚い革質、早落性の托葉(たくよう)がある。花序は葉腋(ようえき)につき、花は両性。果実は裂開せず、種子は1まれに2個。種子は母樹についたまま発根し、果皮を突き破って10センチメートル以上に伸長する、いわゆる胎生種子である。胎生種子は落下して泥に幼根を突き刺すが、定着するのはまれで、多くは潮の干満で適当な場所に漂着し、横倒しのまま側根を伸ばして胚軸(はいじく)をしだいに直立させる。カニが巣穴に引きずり込んだものが定着することもある。海流による遠距離散布の可能性があるが、漂着しても、その地域の冬の気温で生育は制限される。ここにあげた3種ともに生育できるのは沖縄島までで、北上して奄美(あまみ)大島ではメヒルギとオヒルギ、種子島(たねがしま)、屋久島(やくしま)に至るとメヒルギだけになり、北限は鹿児島市である。
 成木となった3種の違いは、干潮時に露出する根の形態に著しい。メヒルギは幹基部の周りに高さ約30センチメートルの板根(ばんこん)を形成する。オヒルギは、砂泥中を横走する側根が局所的に屈曲して地上に露出し、その部分が上方に偏心肥大して膝(ひざ)状になるので屈曲膝根(しっこん)という。ヤエヤマヒルギでは、幹の周りまたは枝から斜めに不定根を泥中に伸ばし、タコ足状の支柱根となる。これらの根の形態は、それぞれ酸欠状態の砂泥地に適応し、呼吸根の機能をもつという。生育する微環境にも差異がみられ、メヒルギとヤエヤマヒルギは流路沿いの水辺寄りに、オヒルギは内陸側に生える傾向がある。防潮、護岸効果がある。材はいずれも堅くて杭(くい)材によく、良質の木炭となり、樹皮からはタンニンをとる。
 ヒルギの名は、漂木の意味で、果実が漂着して生育するからといわれる。また幼根の形がヒルに似るので蛭木(ひるぎ)とする説もある。オヒルギは種子の形が大きいことにより、メヒルギは種子が小さいことに由来する。[島袋敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒルギの関連キーワード沖縄県国頭郡東村慶佐次ヤエヤマヒルギシジミヒルギ(漂木)ベニガクヒルギマングローブ林名蔵アンパルヒルギモドキ八重山蛭木ハマザクロ漂木・蛭木ヒルギ類紅萼蛭木海岸植物胎生種子丹殻染草木染仲間川男蛭木琉球笄大蛭木

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android