ビサヤ

百科事典マイペディアの解説

ビサヤ

フィリピンの主要民族の一つで,ビサヤ諸島とくにミンドロ島,ミンダナオ島に分布。キリスト教徒。スペインその他の外来文化の影響を強く受け,政治意識も進んでいる。水田耕作,焼畑耕作を行い,漁業も盛ん。ビサヤ語アウストロネシア語族に属する。
→関連項目パラワン[島]フィリピン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビサヤ
びさや
Visaya

フィリピン中部のビサヤ諸島(サマル、レイテセブ、パナイ、ネグロス、ボホルなど)およびミンダナオ島の一部に住む人々。ビサヤ語はマライ・ポリネシア語族に属し、セブ語(ゼブアノ語)など四つの方言に分かれ、それとともに社会、文化も多少異なるが、いずれも、他のキリスト教徒フィリピン人と同様に、スペイン文化の影響を受けた独特のフィリピン・キリスト教文化を形成している。一般に、ヤシの葉で屋根を葺(ふ)き、木と竹でつくった杭上(こうじょう)家屋に住み、米やトウモロコシ、マニラ麻を栽培し、漁業を行う。換金作物としてサトウキビやココナッツを栽培する。しかし最近では、とくにセブ市やイロイロ市などの都市部のビサヤ人の生活は急激に西欧化しつつあり、また多くのビサヤ人がグアム、ハワイ、アメリカ合衆国本土へ移民として出ている。[板橋作美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビサヤの関連情報