ビシー(英語表記)Vichy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ビシー」の解説

ビシー
Vichy

フランス中部,アリエ県の温泉都市。アリエ川東岸に位置する。第2次世界大戦中ペタン元帥のビシー政府がおかれた (1940~44) 。ローマ時代から温泉地として知られ,17世紀以降保養地として人気が出,19世紀にナポレオン3世来訪によって発展した。温泉は重炭酸泉で泉温 17~66℃。湯治場,ホテル,スポーツ施設が整っており,毎年 13万人以上が訪れている。肝臓などにきくとされ,鉱泉の水は「ビシー水」として各国輸出される。食品,製薬などの軽工業もある。人口2万 8048 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ビシー」の解説

ビシー
びしー
Vichy

フランス中部、アリエ県の副県都。パリ南南東349キロメートル、ロアール川支流アリエ川に沿って位置する。人口2万6528(1999)。古くからの温泉保養地で、肝臓、胆石、胃腸、アレルギーなどの治療に効く。カジノもある。ワイン、ミネラルウォーター、機械、ケーブルなどの工業もある。鉱水(ビシー水)はローマ人も利用し、17世紀には湯治場として栄えた。第二次世界大戦中の1940~44年、ペタン将軍のビシー政権が置かれた。

[大嶽幸彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ビシー」の解説

ビシー

フランス中央部,アリエ県の町。オーベルニュ高原北部,アリエ川に沿う鉱泉都市。鉱泉はローマ時代から有名で,炭酸,炭酸ソーダを含み,〈ビシー水〉として輸出もされる。1940年―1944年ビシー体制の政府所在地。2万7714人(1990)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ビシー」の解説

ビシー

(Vichy) フランス中央部、オーベルニュ高原の北部にある温泉保養都市。鉱泉が湧出。第二次大戦中の一九四〇~四四年、ペタンを首班とする対独協力政府の所在地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ビシー」の解説

ビシー【Vichy】

フランス中央部,アリエ県の都市。人口2万8000(1990)。マシフ・サントラル(中央山地)の北縁,アリエ川に沿い,一級のスポーツ施設を備えた温泉保養地。標高264m。泉源は14~66℃のナトリウム炭酸水素塩泉で,肝臓や胃腸病等に利用される。温泉療養はガロ・ロマン期にすでに行われていたが,中世には中断する。ルイ13世時代に療養所が設立され,その後,治療でたびたび訪れたナポレオン3世により〈湯治場の王妃〉と称される美しい場所となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android