コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンK ビタミンケーvitamin K

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビタミンK
ビタミンケー
vitamin K

天然に存在するビタミンKには,植物に存在する K1 と,細菌に存在する K2 とがある。ビタミンKの働きとして最もよく知られているものは,肝臓でのプロトロンビン合成を触媒することである。したがって,食餌中の不足,吸収障害,肝機能不全などによってビタミンKが欠乏すると,血液中のプロトロンビンが減少して,血液凝固が阻害され,出血傾向が現れる。新生児メレナもビタミンK欠乏によって起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビタミン‐ケー【ビタミンK】

《〈ドイツ〉Koagulierung(凝固)から》脂溶性ビタミンの一。植物界に広く存在するK1、動物で腸内細菌により合成されるK2などがある。血液凝固機能を促進する作用をもち、欠乏すると出血傾向をきたす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

食の医学館の解説

びたみんけー【ビタミンK】

骨にカルシウムが沈着するのを助けたり、血液の凝固因子(ぎょうこいんし)を合成するのに必要な栄養素で、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の治療薬としても認可されています。
 ビタミンKが不足すると、骨に十分なカルシウムが取り込めなくなって、もろくなるのをはじめ、鼻血(はなぢ)や大腸炎(だいちょうえん)、乳児の脳内出血(のうないしゅっけつ)が起こりやすくなるなどのトラブルが生じます。
 ビタミンKは1日に1.0~1.5mgが腸内の微生物によって合成されるため、あまり欠乏症の心配はありません。
 抗生物質を長期服用している人は、腸内細菌の働きが弱って、体内での生成量が不足するケースがあります。逆に血液の抗凝固剤を服用中の人は、ビタミンKの摂取を制限されるので注意してください。
 ビタミンKは納豆やシュンギク、クレソンなどに多く含まれており、成人1日の目安量は男女とも150μgです。

出典 小学館食の医学館について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ビタミンケー【ビタミンK】

脂溶性ビタミンのひとつ。傷や内出血などで血を固める血液凝固作用に不可欠なビタミン。葉野菜など緑の濃い野菜類、海藻類、豆製品などに多く含まれる。体内で乳酸菌を作り、骨からカルシウムが排出されるのを防ぎ、骨を丈夫に保つ働きをもつほか、グルタミン酸の代謝向上、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防、生理痛の緩和、体のpH(ペーハー)バランスの調整などに作用があるとされる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビタミンK
びたみんけー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビタミンKの関連キーワードダム(Carl Peter Henrik Dam)カール・ペーター・ヘンリー ダムビタミンK依存カルボキシラーゼγカルボキシグルタミン酸マルチプレニルメナキノン白バラ低脂肪カルシウムビタミンKと代謝異常低プロトロンビン血症ビタミンK依存因子フィロキノン当量オステオカルシン抗凝固療法と納豆ビタミンK欠乏症フィトメナジオン血液凝固促進剤血液凝固促進薬PIVKA‐Ⅱ第VII因子フチオコールフィロキノン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビタミンKの関連情報