ビタミンK(読み)ビタミンケー

化学辞典 第2版「ビタミンK」の解説

ビタミンK
ビタミンケー
vitamin K

フィロキノンともいう.血液凝固を促進する脂溶性ビタミン.血液凝固に必要な因子のⅡ因子(プロスロンビン)やⅦ因子,Ⅸ因子,Ⅹ因子の生合成に関係する.凝固(Koagulation,独語)のKをとって命名された.1939年,E.A. Doisy(ドイジー)らは,アルファルファ(牧草)と腐敗魚粉から2種類のビタミンK物質を分離して,ビタミン K1,K2 と命名した.これらの物質がキノン構造を有することを推定して,数多くのキノノイドについて検討し,2-メチル-1,4-ナフトキノンが有効であることを明らかにした.これが現在ビタミン K3 とよばれているものである.いずれも水に不溶,有機溶媒に可溶.光,アルカリなどによって容易に分解される.空気,湿気に対しては比較的安定である.なお,出血剤ジクマロールはビタミンKのアンチビタミンである.】ビタミン K1:フィロキノン,フィトナジオン,2-メチル-3-フィチル-1,4-ナフトキノンともいう.C31H46O2(450.17).鮮黄色の油.融点-20 ℃.紫外線照射により変性する紫外線.照射により殺菌された牛肉でネズミを飼育すると,ビタミンK欠乏症を示した.[CAS 84-80-0]【】ビタミン K2:メナキノン,2-メチル-3-マルチプレニル-1,4-ナフトキノンともいう.構造式のn = 2~10で,天然には6,7,8が多い.腐敗魚粉から単離されたビタミン K2n = 7のメナキノン-7で,C46H64O2(649.02).融点54 ℃.メナキノン-6はC41H56O(580.89).融点53.5~54.5 ℃.これはまたファルノキノン(2-メチル-3-ジファルネシル-1,4-ナフトキノン)ともよばれる.いずれも淡黄色の結晶.生物活性は,メナキノン-4~7ではビタミン K1 の約1.2倍.ほかはビタミン K1 より低い.[CAS 84-81-1]【】ビタミン K3:C11H8O2(172.18).メナジオン(menadion)ともいう.天然には存在しない合成ビタミン.2-メチルナフタレンのクロム酸酸化により合成される.黄色の結晶.かすかな刺激臭をもち,粘膜,呼吸器,皮膚などを刺激する.融点105~107 ℃.毒性の面で医薬としての利用は禁止されているが,配合飼料や動物医薬用として相当量合成されている.[CAS 58-27-5]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

食の医学館「ビタミンK」の解説

びたみんけー【ビタミンK】

骨にカルシウムが沈着するのを助けたり、血液凝固因子(ぎょうこいんし)を合成するのに必要な栄養素で、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の治療薬としても認可されています。
 ビタミンKが不足すると、骨に十分なカルシウムが取り込めなくなって、もろくなるのをはじめ、鼻血(はなぢ)や大腸炎(だいちょうえん)、乳児の脳内出血(のうないしゅっけつ)が起こりやすくなるなどのトラブルが生じます。
 ビタミンKは1日に1.0~1.5mgが腸内の微生物によって合成されるため、あまり欠乏症の心配はありません。
 抗生物質を長期服用している人は、腸内細菌の働きが弱って、体内での生成量が不足するケースがあります。逆に血液の抗凝固剤を服用中の人は、ビタミンKの摂取を制限されるので注意してください。
 ビタミンKは納豆シュンギククレソンなどに多く含まれており、成人1日の目安量は男女とも150μgです。

出典 小学館食の医学館について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ビタミンK」の解説

ビタミンK
ビタミンケー
vitamin K

天然に存在するビタミンKには,植物に存在する K1 と,細菌に存在する K2 とがある。ビタミンKの働きとして最もよく知られているものは,肝臓でのプロトロンビン合成を触媒することである。したがって,食餌中の不足,吸収障害,肝機能不全などによってビタミンKが欠乏すると,血液中のプロトロンビンが減少して,血液凝固が阻害され,出血傾向が現れる。新生児メレナもビタミンK欠乏によって起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典「ビタミンK」の解説

ビタミンケー【ビタミンK】

脂溶性ビタミンのひとつ。傷や内出血などで血を固める血液凝固作用に不可欠なビタミン。葉野菜など緑の濃い野菜類、海藻類、豆製品などに多く含まれる。体内で乳酸菌を作り、骨からカルシウムが排出されるのを防ぎ、骨を丈夫に保つ働きをもつほか、グルタミン酸の代謝向上、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防、生理痛の緩和、体のpH(ペーハー)バランスの調整などに作用があるとされる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ビタミンK」の解説

ビタミン‐ケー【ビタミンK】

〘名〙 脂溶性ビタミンの一つ。血液凝固を促進する因子。抗出血性ビタミン。K1~K4が知られる。血中プロトロンビン値を正常に保ち、血液の凝固作用を促進する。ホウレンソウなどの緑黄色野菜・肝油・レバーに多く含まれる。この欠乏症は、血中プロトロンビンの減少、血液凝固時間の延長。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ビタミンK」の解説

ビタミン‐ケー【ビタミンK】

《〈ドイツ〉Koagulierung(凝固)から》脂溶性ビタミンの一。植物界に広く存在するK1、動物で腸内細菌により合成されるK2などがある。血液凝固機能を促進する作用をもち、欠乏すると出血傾向をきたす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android