コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビバーク ビバーク Biwak; bivouac

5件 の用語解説(ビバークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビバーク
ビバーク
Biwak; bivouac

登山や探検,野外活動における露営,あるいは野宿をいう。これにはあらかじめ予定したものと,予期せぬ事態で緊急避難的に行なわれるものとがある。後者をフォースト・ビバーク (不時露営) という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビバーク(〈ドイツ〉Biwak/〈フランス〉bivouac)

[名](スル)登山で、露営すること。特に、不時の露営をすること。「天候の急変でビバークする」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビバーク

登山用語。ドイツ語Biwak,フランス語bivouac。露営のこと。岩陰や樹の下,簡単な小屋掛けで夜露をしのぐ程度で,ツェルトザック(袋状の簡易テント)や積雪期には雪洞なども利用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビバーク【bivouac】

露営すること。登山の用語としては,悪天候や病人,コースの困難さなどから予定計画にない露営を行う不時露営(フォースド・ビバーク)をさして呼ぶことが多い。したがってテントや山小屋利用ではなく,ツェルトザックやシュラフザックをかぶるとか,簡単な小屋がけ,たき火で暖をとるだけなどのような簡単な形の露営である。非常の場合のみの行動として考えられていたが,近年では羽毛服など衣類が発達したことや,重量を減じて行動を拡大するためテントなどをもたずに出かけ,計画的ビバーク(フォーカスト・ビバーク)をすることも行われるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ビバーク【bivouac】

( 名 ) スル
登山で、露営すること。野宿。 「岩棚で-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビバークの関連キーワード悪天悪天候大荒れ欠航全天候全天候機デブリ無酸素登山露営ダイバート

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビバークの関連情報