雪洞(読み)せっとう

精選版 日本国語大辞典「雪洞」の解説

せっ‐とう【雪洞】

〘名〙
① 木やのわくに白い紙を貼り、その一部にをあけ、茶炉(ちゃろ)などの上をおおうもの。火気を散らさないで、火持ちをよくさせるために用いる。〔書言字考節用集(1717)〕
② 紙または絹張りのおおいのある手燭。また、六角形の下方が少しつぼまった火をおおう部分に柄(え)をつけ、その下端に台座をつけた小さな行灯(あんどん)ぼんぼり

せつ‐どう【雪洞】

〘名〙
① (Schneehöhle の訳語) 洞穴(ほらあな)。倉庫用あるいは登山の雪中露営など、いろいろな用途に用いられる。ゆきあな。スノーホール。〔氷雪の山(1948)〕
※ソフィアの秋(1968)〈五木寛之〉六「そこで雪洞を掘ってビバークすることに決めた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雪洞」の解説

せつ‐どう【雪洞】

積雪期登山の際、露営のため雪の斜面に掘ってつくる穴。

ぼんぼり【雪洞】

灯をともす部分の周囲に紙または絹張りのおおいをつけた手燭(てしょく)・燭台。また、柄と台座をつけた小さい行灯(あんどん)。せっとう。
茶炉などに用いる、紙張りのおおい。せっとう。
近世の宮廷使用の扇で、中啓より上部の外側の開きがやや狭いもの。中浮(ちゅううけ)。
耳の(あか)をとる道具。をつけて頭部で飾ったもの。

せっ‐とう【雪洞】

茶道で、木または竹の枠に白い和紙を張って一部に窓をあけ、風炉の上を覆うもの。火持ちをよくするために用いる。
ぼんぼり」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「雪洞」の解説

雪洞 せつどう

?-? 織豊時代の画家。
臨済(りんざい)雪舟(とうよう)の画風をまなび,水墨花鳥画や,御伽(おとぎ)草子風の絵巻がつたえられている。福島県の円蔵寺にある「虚空蔵縁起絵巻」の奥書「天正(てんしょう)15年(1587)丁亥卯月……画工雪筆」により活躍期を知ることができる。陸奥(むつ)会津(福島県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「雪洞」の解説

せつどう【雪洞 snow hole】

一般には雪の洞穴(ほらあな)をさすが,雪の洞穴を生活や登山活動などに利用することもいう。世界の多雪地では冬期貯蔵庫など各種の用途に利用され,日本の東北地方の〈かまくら〉もこの一つと考えられる。登山用に利用して成功したのは,1929年ドイツ隊のヒマラヤ・カンチェンジュンガ登山が最初で,以後,雪中露営の方法として活用されるようになった。近年では,雪洞を利用するとテントなしで装備も軽量で行動できるので,積極的に前進基地として利用する登山計画もたてられるようになっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android