コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビヤークネス ビヤークネス Bjerknes, Vilhelm

6件 の用語解説(ビヤークネスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビヤークネス
ビヤークネス
Bjerknes, Vilhelm

[生]1862.3.14. クリスチャニア
[没]1951.4.9. オスロ
ノルウェーの気象学者,物理学者。クリスチャニア大学,ボン大学に学び,ハインリヒ・ルドルフ・ヘルツの助手として 1890~92年電気の共振現象の研究に従事。1895年ストックホルム大学教授,1907年クリスチャニア大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ビヤークネス
ビヤークネス
Bjerknes, Jacob

[生]1897.11.2. スウェーデンストックホルム
[没]1975.7.7. アメリカ合衆国カリフォルニアロサンゼルス
ノルウェー,アメリカ合衆国の気象学者。ウィルヘルム・ビヤークネスの子。オスロ大学卒業。ベルゲン地球物理学研究所で父とともにノルウェーの気象観測網の整備に尽力。1939年にアメリカに渡り,1940年カリフォルニア大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビヤークネス

ノルウェー出身の米国の気象学者。V.ビヤークネスの子。21歳で論文《移動する低気圧の構造》(1919年)を書き,前線の概念を確立。ベルゲン地球物理学研究所教授。

ビヤークネス

ノルウェーの気象学者,地球物理学者。父はオスロ大学の数学教授C.A.ビヤークネス。クリスティアニア大学卒業後,ボン大学でヘルツの下で物理学を学ぶ。流体力学で有名な循環定理を発見。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビヤークネス【Jacob Aall Bonnevie Bjerknes】

1897‐1975
アメリカの気象学者。地球物理学者V.F.K.ビヤークネスの子。ストックホルムに生まれる。オスロ大学卒業後ベルゲン気象台に勤める。1919年,《移動性低気圧の構造》と題する論文を出したが,これは前線の概念を提起する近代気象学への一里塚となった画期的な論文である。39年アメリカに渡り,40年にはカリフォルニア大学の教授,46年にアメリカに帰化,65年退官,以後,海洋と気象との関係などの研究をつづけた。【高橋 浩一郎

ビヤークネス【Vilhelm Frimann Koren Bjerknes】

1862‐1951
ノルウェーの地球物理学者。物理学者ビヤークネスCarl Anton Bjerknes(1825‐1903)の子。クリスティアニア(現,オスロ)で生まれる。父の影響を大きく受け,1880年からクリスティアニア大学で研究を始め,88年には修士となった。その後パリに行き,H.ポアンカレの講義を聞き,さらにボンに行き,2年ほどH.ヘルツの下で電磁波の研究を手伝った。93年ストックホルムの工業学校講師,95年ストックホルム大学の教授となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビヤークネスの関連キーワードウェーバ核物理学古典物理学地球物理学メーヤーベドノルツウェーゲナービルケランヴェーバーの法則(電磁気学)大谷栄治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone