コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビラ・ロボス ビラロボス

百科事典マイペディアの解説

ビラ・ロボス

ブラジルの作曲家。リオ・デ・ジャネイロに生まれ,アマチュア音楽家でもあった歴史学者の父に6歳から音楽の手ほどきを受ける。10代半ばで作曲に手を染め,終生敬愛の対象となったJ.S.バッハをはじめ,多くの作曲家の作品を独学で研究。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビラ・ロボス
びらろぼす
Heitor Villa-Lobos
(1887―1959)

ブラジルの作曲家。リオ・デ・ジャネイロ生まれ。アマチュア音楽家であった父に音楽の手ほどきを受け、1899年の父の死後、映画館やカフェでチェロを弾く生活を送る。ほとんど独学で作曲法を身につける一方、18歳のときからブラジル全域に旅して民謡を収集、研究し、個性的な作品を書き始めた。奨学金を得て1923~30年パリに留学、同地で大成功を博し国際的名声が広まる。帰国後音楽教育の責任者に任じられ、45年にはブラジル音楽アカデミーを創立。14曲の『ショーロ』(1920~28)や九曲の『ブラジル風のバッハ』(1930~45)のような特殊な楽器編成のために書かれたものや、ギター曲をはじめあらゆるジャンルに多数の作品があり、野性的リズムや民謡風の旋律など民族的要素と、西欧の伝統的形式を融合させた独創的な作風をみせている。[益山典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビラ・ロボスの関連キーワードアントニオ メネセスH. ヴィラ・ロボスネルソン フレイレヴィラ・ロボスヒナステラ国民楽派ジョビンフレイレブラジル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android