コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリオン Villion, Amatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビリオン
Villion, Amatus

[生]1843.9.2. リヨンゼレ
[没]1932.4.1. 大阪
日本で活躍したフランス人パリ外国宣教会司祭。明治1 (1868) 年長崎に上陸。兵庫,京都,山口,萩,奈良で司牧。京都ではフランス語塾を開き,仏教を研究。山口ではキリシタン遺跡を調査。岩倉具視伊藤博文大隈重信西園寺公望原敬,渋沢栄一ら彼の教えを受けた人は多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビリオン(billion)

米国で、10億。英国で、1兆。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ビリオン Villion, Amatus

1843-1932 フランスの宣教師。
1843年9月2日生まれ。パリ外国宣教会から派遣され,明治元年(1868)来日。長崎,神戸をへて12年から京都で布教し,仏教研究もはじめる。22年山口に転任。キリシタン史跡をしらべ,ザビエル記念碑をたてた。昭和7年4月1日大阪で死去。88歳。著作に「日本聖人鮮血遺書(やまとひじりちしおのかきおき)」「山口公教史」「日本仏教史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ビリオン【billion】

一〇億。

ビリオン【Amatus Villion】

1843~1932) フランスの司祭。パリ外国宣教会により派遣され、1867年来日。神戸・京都・山口・奈良などで布教。ザビエルの遺跡を探り、殉教者の顕彰に努めた。著「鮮血遺書」「山口公教史」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ビリオンの関連キーワードサーロサンゼルスミュージックセンタータマンミニインドネシアインダースリープ・トレイン・アリーナ大垣市スイトピアセンター北海道上川郡上川町栄町グラント・パーク音楽祭タマンミニインドネシアワールドオブコカコーラベネチア・ビエンナーレ滋賀県長浜市高月町唐川ベネチアビエンナーレインターネット博覧会オルトミクソウイルスバリシップ2011キンタノルマル公園愛・地球博記念公園バクテリオファージイビラプエラ公園ツウィンガー宮殿

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビリオンの関連情報