コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンスワンガー ビンスワンガー Binswanger, Ludwig

5件 の用語解説(ビンスワンガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビンスワンガー
ビンスワンガー
Binswanger, Ludwig

[生]1881.4.13. クロイツリンゲン
[没]1966.2.5. クロイツリンゲン
スイス精神病理学者。フッサールの現象学,ハイデガー現存在分析の影響を受け,精神病理学における現存在分析の方法を確立した。主著『夢』 Wandlungen in der Auffassung u. Deutung des Traumes. Von den Griechen bis zur Gegenwart (1928) ,『論文集 (邦訳:現象学的人間学) 』 Ausgewählte Vorträge u. Aufsätze (1巻 47,2巻 55) ,"Erinnerung an Sigmund Freud" (56) ,『精神分裂病』 Schizophrenie (57) ,"Grundformen und Erkenntnis menschlichen Daseins" (62) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビンスワンガー(Ludwig Binswanger)

[1881~1966]スイスの精神医学者・哲学者。ハイデッガーブーバーの影響を受け、現象学的方法による精神分析の手法を創始。現存在分析の創始者。精神分析においてのクライアントセラピストは世界を共有するパートナーとしてあるとし、クライアントの観点からその世界を理解すべきと強調した。著「夢と実存」「精神分裂病」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビンスワンガー

スイスの精神医学者。チューリヒ大学ブロイラーに学び,ユングフロイトらと親交を結ぶ。フッサールの現象学やハイデッガー実存哲学の深い影響のもとに,現存在分析による精神病患者の治療を提唱した。
→関連項目実存主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビンスワンガー【Ludwig Binswanger】

1881‐1966
スイスの精神医学者で,現存在分析の創始者。祖父がボーデン湖畔のクロイツリンゲンに建てた精神病院の院長を1911年から56年までつとめ,それ以後も同地を離れなかった。チューリヒ大学精神科のE.ブロイラーのもとで精神医学を専攻したが,そこで医長をしていたC.G.ユングと親交を結び,その紹介でS.フロイトとも知り合って,二人の友情は長く続いた。そのようなわけで,最初は精神分析に打ち込んだが,1910年に父が死んでからは病院にもどり,そこで観察した症例を検討しながら,彼自身の構想を発展させていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ビンスワンガー【Ludwig Binswanger】

1881~1966) スイスの精神医学者。ハイデッガーの実存哲学とフッサールの現象学を心理治療にとり入れた現存在分析を創始した。主著「夢と実存」「精神分裂病」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のビンスワンガーの言及

【愛】より

… シェーラーやボスをふくめて〈愛〉を人間と人間の人格的な関係とみるのが現象学派や人間学派で,たとえば実存分析のV.E.フランクルによると,〈愛する〉とは,交換可能で無名(アノニム)な対象でなく,〈汝〉と呼べる相手の価値をその一回性と独自性において肯定することを指し,その意味で〈愛は盲目〉などでありえない。こうした〈我〉と〈汝〉を結ぶ愛の両数的様態はL.ビンスワンガーでも強調され,すなわちこの様態のなかで〈我〉と〈汝〉はともにみずからの豊かな可能性を実現するだけでなく,世界の無限性と永遠性に参与すると説かれる。〈愛〉がその本質として超越的契機を含むことは明らかで,この点は〈具体的なものを通して絶対者と全体者に向かう運動〉というK.ヤスパースの〈愛〉の規定にもうかがえる。…

【現存在分析】より

…精神医学のなかで人間学的理念を強調する学派の一つ。1930年代にスイスのビンスワンガーによって築かれ,第2次大戦後のドイツ語圏で盛んに迎えられて,50年代には発展の頂点に達した。もともと,20世紀はじめごろまでの精神医学では,自然科学的方法を援用することにより,症状の識別や病気の診断,さらにはその背景にあると想定された脳病理学的過程の探索がおもな努力の対象であった。…

【精神分析】より

…たとえばM.クラインの独創的なポジションpositionの概念は,口唇期における対象関係を細分することから出発している。現存在分析の創唱者L.ビンスワンガーもこの身体形態論的な精神発達理論を承認し,高く評価している。しかしエディプス・コンプレクスをフロイトのように神経症の原因とみなす考えは薄れてきている。…

【精神分裂病】より

…現存在分析を創始したスイスの精神医学者ビンスワンガーの主著で,1957年に単行本の形で刊行された。5例の精神分裂病のくわしい症例研究からなるが,30年代に著者が独自の人間学的方法を確立したのち,数十年にわたる臨床活動の総決算として44年から53年にかけて集成したもの。…

※「ビンスワンガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビンスワンガーの関連キーワードクロイツェル・ソナタ月輪クロイツェルソナタクロイツフェルトヤコブ病ハーケンクロイツ変異型クロイツフェルトヤコブ病クロイツボーデントーテンクロイツハイリゲンクロイツクロイツェル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone