コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビール族 ビールぞくBhīl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビール族
ビールぞく
Bhīl

インドの指定部族民の一つ。人口約 250万。ラージャスターン州南部を中心として,西インド全域に分布するが,一部は中央インドにも広がる。広範な居住地各地の習慣に同化する傾向が強い。周辺地域の言語を用いることが多く,類グジャラート語のビール語を話す人口は全体の一部にすぎないと推定される。もともとは山地の自給的雑穀栽培農民を主体とし,焼畑を営む移動的農民を含む一方,地主などの社会的分化のみられる地域も少くなかった。親族が父系をたどること,土葬の多いこと,離婚が多少容易であることなどが文化的特徴である。ややヒンドゥー化の強いビーラーラや,近代になって区別されたミーナなどの集団も含まれる。イスラム教徒も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビールぞく【ビール族 Bhīl】

インド西部を中心に人口約250万(1981)を数える民族。多くは丘陵地帯で部族生活を営んでいる。その分布は広範囲にわたり,北はラージャスターン,南はマハーラーシュトラ,東はマディヤ・プラデーシュの各州にまたがっている。かつては匪賊としても知られたが,今日はそのほとんどが鋤を用いる農耕を生業としている。言語上はインド語派に属する。形質的には他の孤立した民族よりはむしろカースト・ヒンドゥー(インドのカースト社会で,4バルナに属する一般住民)に近いことが指摘されており,言語の点からも,その定着の歴史の中で隣接する平地のカースト・ヒンドゥーの影響を受けてきたものと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ビール族の関連キーワードドゥンガルプルコッパース

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android