コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビール族 ビールぞく Bhīl

2件 の用語解説(ビール族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビール族
ビールぞく
Bhīl

インドの指定部族民の一つ。人口約 250万。ラージャスターン州南部を中心として,西インド全域に分布するが,一部は中央インドにも広がる。広範な居住地各地の習慣に同化する傾向が強い。周辺地域の言語を用いることが多く,類グジャラート語ビール語を話す人口は全体の一部にすぎないと推定される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ビールぞく【ビール族 Bhīl】

インド西部を中心に人口約250万(1981)を数える民族。多くは丘陵地帯で部族生活を営んでいる。その分布は広範囲にわたり,北はラージャスターン,南はマハーラーシュトラ,東はマディヤ・プラデーシュの各州にまたがっている。かつては匪賊としても知られたが,今日はそのほとんどが鋤を用いる農耕を生業としている。言語上はインド語派に属する。形質的には他の孤立した民族よりはむしろカーストヒンドゥー(インドのカースト社会で,4バルナに属する一般住民)に近いことが指摘されており,言語の点からも,その定着の歴史の中で隣接する平地のカースト・ヒンドゥーの影響を受けてきたものと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビール族の関連キーワード海南コインバトールムンバイ単峰駱駝プーネマハラシュトラカチン岐阜[県]ビリトゥン[島]サガイン[管区]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone