ピウス(11世)(読み)ぴうす(英語表記)Pius Ⅺ

  • 11世
  • 1857―1939

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローマ教皇(在位1922~1939)。前名アキッレ・ラッティAchille Ratti。1879年司祭となり、教皇庁図書館館長、ポーランド駐在教皇大使などを歴任。枢機卿(すうききょう)およびミラノ大司教を経て教皇に選ばれた。1924年カトリック人民党と他の反ファシスト諸党との協力を禁じ、危機にあったファシズムを間接的に援助。人民党のかわりに「カトリック行動」という大衆団体の再建、強化に努め、海外布教とくに極東における活動に尽力した。ムッソリーニ政府と長期にわたる交渉を行い、1929年イタリア国家との和解(ラテラン協定)を実現、1933年にはヒトラーのドイツともコンコルダート(政教協約)を結んだ。1936年までファシズム体制に好意的であったが、その後ムッソリーニがナチスから導入した人種理論には批判的であった。また、教皇庁と折り合わないアクシオン・フランセーズとナチズムを非難し、とりわけ共産主義には敵対的であった。教皇庁の科学アカデミーを創設した。

[重岡保郎 2017年12月12日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android