コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピジンイングリッシュ ピジンイングリッシュ pidgin English

翻訳|pidgin English

2件 の用語解説(ピジンイングリッシュの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ピジン‐イングリッシュ(pidgin English)

ピジンは英語のbusinessの中国語なまりからという》中国・東南アジアなどで、取引に用いられた、英語と中国語などの混合語。また、英語をもとにした混合語。ピジン英語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピジンイングリッシュ
ぴじんいんぐりっしゅ
pidgin English

狭義には18~20世紀中国の沿岸地域で使用されていた、英語と中国語の混合言語をさす。これは、言語を異にする者同士が通商をするときの便宜のために発生したもので、文法が簡略化され、語彙(ごい)もきわめて限られている。ピジンとはビジネスbusinessがなまったものだといわれるが、ほかにも説がある。
 今日、一般には、言語接触から生じた混合言語で英語をベースbaseにしたものをすべてさす。ハワイの日系移民の独特な英語もピジンイングリッシュである。すなわち、言語のタイプの名称であって、特定の言語をさすのではない。この種の言語は通商など限られた場面でのみ使用され、母語とする話者はいない。しかし比較的安定した文法をもち、一時的な発話であるブロークンイングリッシュとは区別される。フランス語をベースにしたピジンフランス語pidgin Frenchなど、いろいろな言語のピジンが存在する。[桜井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピジンイングリッシュの関連キーワードジン馬氏文通華語国語のため拼音混合語チクロピジンパーオプテシスドスミックドパテイック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone