コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピスタチオ ピスタチオ pistachio

翻訳|pistachio

8件 の用語解説(ピスタチオの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ピスタチオ(pistachio)

ウルシ科の落葉樹西アジア原産で、地中海沿岸では古くから栽培がさかんに行われている。雌雄異株ギンナンに似た果実がつく。種子はピスタチオナッツとよばれ、中の緑色の部分を食用とする。ピスタシオピスターシュ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ピスタチオ

ウルシ科の落葉高木で,樹高は6〜10mになる。雌雄異株。夏季高温になる乾燥した気候が適する。中央アジア原産で,西アジアでは古くから栽培されている。1世紀にはローマや地中海沿岸,19世紀には南フランスからカリフォルニアへ導入された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ピスタチオ

 →ピスタチオナッツ

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タレントデータバンクの解説

ピスタチオ


グループ
ピスタチオ

グループメンバー
伊地知大樹/小澤慎一朗

職種
お笑い

プロフィール
伊地知大樹と小澤慎一朗によって2010年に結成されたお笑いコンビ。白目をしながら行う独自の漫才でブレイク。主な出演作は、テレビ朝日『アメトーーク』フジテレビ『ペケ×ポンプラス』、お笑いライブ『ピスタチオの「おピス」』『マカダミアナッツくんの逆襲!!』など。

代表作品
テレビ朝日『アメトーーク』 / お笑いライブ『ピスタチオの「おピス」』 / フジテレビ『ペケ×ポンプラス』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ピスタチオ【pistàcchio】

ウルシ科の落葉樹。中央・西アジア原産。種子の殻は白色でかたく、中にある緑色または黄色の実を食用にする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

ピスタチオ

日本のお笑いコンビ。吉本興業所属。伊地知大樹(いじちひろき、1985年2月5日神奈川県生まれ)と小澤慎一朗(88年9月15日東京都生まれ)により、2010年に結成された。共に2007年のNSC(吉本総合芸能学院)東京校13期生。伊地知はかつて東京・歌舞伎町ホストクラブで「春風亭嵐」という名前で5年間働き、ナンバーワンホストにもなっていた。

(2015-3-13)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピスタチオ
ピスタチオ

ピスタシオ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピスタチオ
ぴすたちお
pistachio
[学]Pistacia vera L.

ウルシ科ピスタシア属の果樹。西アジア原産で、4000年以前から地中海沿岸地域で栽培されていた。葉は奇数羽状複葉で互生し、3枚から十数枚の小葉からなる。雌雄異株で風媒花。花は花弁を欠き、緑褐色の萼片(がくへん)5枚があり、雄花は5本の雄しべ、雌花は1心室1子房をもち柱頭は3裂する。果実は卵状長楕円(ちょうだえん)形の核果で、黄色から赤黄色に熟す。果肉を除くと内に白色の殻状の核果がある。これがピスタチオ・ナッツで、内に緑色多肉の子葉を含み、生食するほか菓子、アイスクリームの材料となる。ナッツには可食部100グラム中ビタミンA効力60IU、チアミン0.70ミリグラム、タンパク質17.5グラムなどを含む。ピスタシア属にはこのほか数種が知られる。トルコ、イラン、アフガニスタン、イタリア、シリアなどに栽培が多い。テレビンサスP. terebinthus L.はテレピンノキturpentine treeともいわれ、テレビン油を産する。レンティカスP. lenticus L.は南ヨーロッパに分布し、薬品原料の樹脂マスチックmasticをとる。トネリバハゼノキP. chinensis Bungeは二十数メートルほどの高木で紅葉が美しく、街路樹に用い、またピスタチオの台木とする。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピスタチオの関連キーワードウルシ(漆)ハゼノキ黄櫨蔦漆山漆山黄櫨塩地科の木デイゴ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピスタチオの関連情報