コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピノチェト Augusto Pinochet Ugarte

百科事典マイペディアの解説

ピノチェト

チリの軍人,政治家。1973年9月,軍事クーデタでアジェンデ人民連合政権を打倒して全権を掌握,軍事評議会議長に就任。1974年大統領に就任。1980年新憲法を制定,基本的人権を大幅に制限する一方で大統領の権限を強化し,独裁体制を固めた。
→関連項目チリ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピノチェト
ぴのちぇと
Augusto Pinochet Ugarte
(1915―2006)

チリの軍人、政治家。バルパライソに生まれ、陸軍士官学校に学ぶ。同校で軍事地理や地政学を教え、『チリの地政学』などの著書がある。駐米大使館付武官を経て陸軍参謀総長となり、1973年陸軍司令官に就任し、同年9月クーデターによってアジェンデ大統領の社会主義政権を倒した。軍事評議会議長、ついで大統領として徹底した軍政(「権威主義的民主主義」と自称)を敷き、自由主義的経済政策を実施した。しかし、その人権抑圧政策は国際的にも批判を受け、経済危機や周辺諸国の民政化を背景に、国民の抵抗を受けた。1990年大統領を退任。1998年陸軍司令官も退任して終身上院議員となった。
 病気治療を目的に外交旅券でロンドン滞在中の1998年10月、軍政時代における虐殺、拷問、誘拐などの人権侵害を告発するスペイン予審判事の要請を受けたイギリス司法当局によって身柄を拘束され、スペインは身柄引渡しを要求、チリは外交官の不逮捕特権を理由に帰国を求めた。当時イギリスの最高裁を兼ねていた貴族院(上院)は、逮捕は適法であると審決、当局は拘束を続けた。2000年に至ってベルギー政府や人権団体による釈放反対の動きのなか、高齢や健康悪化を理由に高等法院が釈放を決定。チリへ帰国後、殺人、誘拐、横領などさまざまな罪で告訴されていた。2006年12月、サンティアゴで死去。[乗 浩子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ピノチェトの関連キーワードフレイ(Eduardo Frei Montalva)マヌエル=センデロの最後の歌カルロス(3世) オミナミキリスト教民主党[チリ]ホセ・ミゲル インスルサアントニオ スカルメタV. テイテルボイムチリの軍事クーデター独立民主連合[チリ]アリエル ドルフマンミチェル バチェレリカルド ラゴス国際刑事警察機構チリ人民連合政権反乱鎮圧訓練学校チリ女性大統領ピノチェト裁判エイルウィン11月25日チリ社会党

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピノチェトの関連情報