コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュビス・ド・シャバンヌ Pierre Puvis de Chavannes

世界大百科事典 第2版の解説

ピュビス・ド・シャバンヌ【Pierre Puvis de Chavannes】

1824‐98
フランスの画家。リヨンの富裕な家に生まれ,古典教育を受ける。シェフェールH.Scheffer,ドラクロア,クテュールらから教えを受けるが,とくにシャセリオーの会計院の壁画によって開眼し,壁画装飾の道へと進む。彼の様式はプリミティフな印象を与える平面的な切りぬかれたような形態と,冷たく静かな色彩,動きのない静止したポーズなどに特色があり,後期印象派やナビ派の画家たちに影響を与えた。初期には8回もサロン(官展)に落選したことがあったが,60年代から認められはじめるとまもなく,公の建築装飾の第一人者となり,パリ市庁舎,ソルボンヌの校舎,パンテオン,ボストン図書館などの壁面装飾に携わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピュビス・ド・シャバンヌの関連キーワードシャバンヌ(Pierre Puvis de Chavannes)ジョルダン(Camille Jordan)ボリソフ・ムサートフペトロフ・ウォトキン国立西洋美術館リヨン美術館シャッセリオゴンサレスシャバンヌ川端竜子象徴主義青山熊治スーラ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android