コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュビス・ド・シャバンヌ Pierre Puvis de Chavannes

1件 の用語解説(ピュビス・ド・シャバンヌの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ピュビス・ド・シャバンヌ【Pierre Puvis de Chavannes】

1824‐98
フランスの画家。リヨンの富裕な家に生まれ,古典教育を受ける。シェフェールH.Scheffer,ドラクロア,クテュールらから教えを受けるが,とくにシャセリオーの会計院の壁画によって開眼し,壁画装飾の道へと進む。彼の様式はプリミティフな印象を与える平面的な切りぬかれたような形態と,冷たく静かな色彩,動きのない静止したポーズなどに特色があり,後期印象派やナビ派の画家たちに影響を与えた。初期には8回もサロン(官展)に落選したことがあったが,60年代から認められはじめるとまもなく,公の建築装飾第一人者となり,パリ市庁舎ソルボンヌの校舎,パンテオンボストン図書館などの壁面装飾に携わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピュビス・ド・シャバンヌの関連キーワードカリヨンクルーエビヨンノストラダムステロー広場リヨナソーセージ滝沢敬一山田キクリヨネーズリヨン風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone