コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピリニャーク ピリニャーク Pil'nyak, Boris Andreevich

6件 の用語解説(ピリニャークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピリニャーク
ピリニャーク
Pil'nyak, Boris Andreevich

[生]1894.10.11. モジャイスク
[没]1937
ロシア,ソ連の小説家。本名 Vogau。モスクワ商業大学を卒業。在学中から短編小説を発表していたが,長編『裸の年』 Golyi god (1922) で一躍文名を高めた。しかし独自な革命観に彩られた作品は,当時の文壇の主流からは異端視され,『消されない月の話』 Povest' nepogashennoi luny (26) は即日発禁になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ピリニャーク(Boris Andreevich Pil'nyak)

[1894~1941]ロシアの小説家。本名ボリス=アンドレービチ=ボガウ(Boris Andreevich Vogau)。1920年代のソ連文壇で活動、革命後の現実を実験的文体で描いた。ソビエト政権には批判的態度をとり、スターリンの粛清によって獄死。日本・米国などの旅行記も著した。作「裸の年」「機械と狼」「日本印象記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ピリニャーク

ロシア(ソ連)の作家。本名B.A.Vogau。モジャイスク生れ。ロシア革命を反映した最初の散文作品《裸の年》(1921年)で有名になるが,ソビエト政権には批判的態度をもち続け,1937年逮捕され,獄死。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ピリニャーク【Boris Andreevich Pil’nyak】

1894‐1941
ソ連邦の小説家。同伴者作家の中で最も特異な鬼才。本名ボガウB.A.Vogau。父はボルガ流域のドイツ移民の出で獣医,母はサラトフの古い商家出身の知識人。十月革命時は彼の記録文学作品《機械と狼》(1925)の舞台となったコロムナに住んだり,パンを求めてロシア各地を流れ歩いたりした。1920年にモスクワ商科大学を卒業。革命時に観察したロシアの地方生活が象徴主義自然主義的作風の下地となった。彼はベールイの作風を継ぎ,バーベリパステルナークに芸術的にも人間的にも近かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ピリニャーク【Boris Andreevich Pil'nyak】

1894~1941) ソ連の小説家。1920年代のソ連文壇で、革命後の現実を描く独特な文体の持ち主として活躍したが、粛清により獄死。代表作「裸の年」「機械と狼」など。日本の旅行記「日本印象記」もある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピリニャーク
ぴりにゃーく
Борис Андреевич Пильняк Boris Andreevich Pil'nyak
(1894―1941)

ロシア・ソ連の小説家。本名ボガウ Вогау/Vogau。ドイツ系の獣医の家に生まれる。1920年モスクワ商科大学卒業。短編小説『春に』(1909)、『一生涯』(1915)などの初期作品には自伝的要素が濃い。革命時にコロムナで観察したロシア地方生活が象徴主義的、自然主義的文体の下地をつくった。ベールイの作風を継ぎ、18~19年の国内戦を題材にした長編小説『裸の年』(1921)で一躍文名をあげたが、革命を原始的な生命力にあふれた農民の、衰弱した都市文化に対する勝利ととらえる思想は物議を醸した。『消されない月の話』(1926)はスターリンモデルにしたことで猛烈な攻撃を受けて即日発禁となり、ベルリンで刊行された『マホガニー』(1929)も攻撃を受けて反ソ作家として文壇から追放され、37年逮捕され獄死した。ほかに『機械と狼(おおかみ)』(1925)、『イワン・モスクワ』(1927)、『ボルガはカスピ海に注ぐ』(1930)などがある。「雪どけ」後、名誉を回復された。[工藤正広]
『米川正夫訳『消されない月の話』(『世界短篇文学全集 第12巻』1963・集英社) ▽川端香男里・工藤正広訳『機械と狼』(『20世紀のロシア小説 第八巻』1973・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピリニャークの関連キーワードソ連ファジェーエフ雪どけソ連邦同伴者ゴーゴリ伝作家の責任透明な同伴者ソビエト連邦作家同盟シャギニャーン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone