コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピルケ ピルケ Pirquet, Clemens von

3件 の用語解説(ピルケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピルケ
ピルケ
Pirquet, Clemens von

[生]1874.5.12. ウィーン郊外
[没]1929.2.28. ウィーン
オーストリア小児科医ウィーン大学教授 (1911~29) 。グラーツにあるカールフランツ大学で,ハンガリーの B.シックを知り,1905年治療血清によって起る血清病を記載した。免疫と過敏症という2つの現象をまとめて,ピルケシックは,06年にアレルギーという新しい言葉を提唱した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ピルケ【Clemens von Pirquet】

1874~1929) オーストリアの小児科医。ツベルクリン反応が結核の感染の有無の診断に有効なことを発見。アレルギーという術語を提起した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピルケ
ぴるけ
Clemens Peter von Pirquet
(1874―1929)

オーストリアの小児科医。ウィーン近郊の小村で貴族の家庭に生まれる。グラーツで医学を学び、ウィーン大学のエシェリヒT. Escherich(1857―1911)の下で小児科学を専攻。この時期、ジフテリアしょうこう熱に対する血清療法が盛んで、彼は、これに伴っておこる血清病に関心を寄せ、生体が異種の物質と接触することによって示す反応性の変化(過敏症と免疫)をアレルギーと名づけた(1907)。結核の検診に広く用いられた経皮的ツベルクリン反応ピルケ反応)は、この理論の副産物である。1908年ジョンズ・ホプキンズ大学教授として渡米、1910年ブレスラウに移る。1911年、エシェリヒの死後、衆望を担ってウィーン大学の小児科学教授となり、小児栄養生体計測などに業績をあげた。[梶田 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピルケの関連キーワードウィーン学派ウィーン古典派ウィーンの公式ウィーンの森カーレンベルクウィーン宮廷楽団ウィーン・シティマラソンウィーンの謝肉祭の道化ハロウィーンの死体ウィーンフィル舞踏会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピルケの関連情報