ピルケ(英語表記)Pirquet, Clemens von

  • 1874―1929
  • Clemens Peter von Pirquet
  • Clemens von Pirquet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1874.5.12. ウィーン郊外
[没]1929.2.28. ウィーン
オーストリアの小児科医。ウィーン大学教授 (1911~29) 。グラーツにあるカール・フランツ大学で,ハンガリーの B.シックを知り,1905年に治療血清によって起る血清病を記載した。免疫と過敏症という2つの現象をまとめて,ピルケとシックは,06年にアレルギーという新しい言葉を提唱した。 07年には小児結核に感染しているかどうかを知るために,皮膚に切り傷をつけてツベルクリン接種を行うという方法 (ピルケ反応) を発表している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

1874~1929 オーストリアの小児科医。ツベルクリン反応が結核の感染の有無の診断に有効なことを発見。アレルギーという術語を提起した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーストリアの小児科医。ウィーン近郊の小村で貴族の家庭に生まれる。グラーツで医学を学び、ウィーン大学のエシェリヒT. Escherich(1857―1911)の下で小児科学を専攻。この時期、ジフテリアやしょうこう熱に対する血清療法が盛んで、彼は、これに伴っておこる血清病に関心を寄せ、生体が異種の物質と接触することによって示す反応性の変化(過敏症と免疫)をアレルギーと名づけた(1907)。結核の検診に広く用いられた経皮的ツベルクリン反応(ピルケ反応)は、この理論の副産物である。1908年ジョンズ・ホプキンズ大学教授として渡米、1910年ブレスラウに移る。1911年、エシェリヒの死後、衆望を担ってウィーン大学の小児科学教授となり、小児栄養、生体計測などに業績をあげた。[梶田 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1874年12月15日
オーストリアの小児科医
1929年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Clemens von Pirquet クレメンス=フォン=━) オーストリアの小児科医。アレルギー学説をはじめてとなえた。また、ピルケ反応を発見し、結核の診断用の皮膚試験を創始した。(一八七四‐一九二九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android