コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピロリン酸

栄養・生化学辞典の解説

ピロリン酸

 H4P2O7 (mw177.97).

 生体内の物質にエステル型でみられる.これらは高エネルギーリン酸結合である場合もある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピロリン酸
ピロリンさん

リン酸」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピロリン酸
ぴろりんさん
pyrophosphoric acid

ポリリン酸の一種で、2分子のオルトリン酸から1分子の水が脱水してできた四塩基酸。正しくは二リン酸といい、ピロリン酸は古い名称である。古くは焦性リン酸ともよんだ。化学式H4P2O7、式量178.0。市販の85%リン酸を減圧下で約180℃に加熱脱水するか、85%リン酸に計算量の五酸化二リンを溶かして結晶化させる。オルトリン酸と塩化ホスホリルを反応させても得られる。
  5H3PO4+POCl3→3H4P2O7+3HCl
 吸湿性の無色の針状結晶ないしガラス状固体。通常の結晶は型(融点54.3℃)で、これを封管中約50℃で熱すると型(融点71.5℃)に転移する。型は室温で安定。水に易溶。溶解度は水709g/100g(20℃)。融点以上に熱すると分解して、オルトリン酸、二リン酸、ポリリン酸などを含む液状酸となる。水溶液は徐々に分解してオルトリン酸に変わるが、熱すると速くなり、硝酸を加えるとさらに速くなる。アルコール、エーテルにも溶ける。硝酸銀により白色沈殿を生じる。油脂類の乳化・分散力に優れ、過酸化物の分解を抑制する作用があるので、洗剤、水処理、触媒、食品加工、過酸化物安定剤などの用途がある。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ピロリン酸の関連キーワードアミノアシルtRNA合成酵素アルギニノコハク酸シンターゼピルビン酸デヒドロゲナーゼリン酸二水素ナトリウムリン酸水素二ナトリウムリン酸水素ナトリウムアデニル酸シクラーゼリン酸水素二カリウム三リン酸ナトリウムアデノシン三リン酸DNAポリメラーゼコカルボキシラーゼ高エネルギー化合物チアミン二リン酸フォスファターゼ高エネルギー結合チアミン一リン酸リン酸エステルファルネソールリン酸(燐酸)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android