コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイアンス ファイアンス faience

翻訳|faience

4件 の用語解説(ファイアンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファイアンス
ファイアンス
faience

(1) 錫釉の軟質陶器。イタリアの著名な陶業地ファエンツァに由来する語。広義には軟質陶器全般をさすが,狭義には,技法が異なり通常エジプトファイアンス呼ばれる古代エジプトの施釉器物,および近世のイタリア,スペインの乳白釉,彩絵の軟質陶器を意味する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ファイアンス(〈フランス〉faïence)

錫釉(すずゆう)を用いた色絵陶器。特に、ヨーロッパで17~18世紀に作られたものをいう。オランダデルフト陶器など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ファイアンス【faïence[フランス]】

施釉陶器の総称。古代エジプトのケイ酸質の施釉陶器とヨーロッパ近世のスズ釉陶器の2種類がある。古代エジプト語でチェヘネトtshehenetと呼ばれた陶器は,石英や凍石の粉末を素地とし,その上にアルカリ質の釉を施したもの。エジプトではこれらの施釉陶器は先王朝時代(前3200年ころ)から使用されており,すでに銅酸化による青緑色,マンガンによる紫色などで装飾されていた。ファイアンスの名称は,ルネサンス期以降イタリアのマヨリカ陶器生産の一大中心地ファエンツァの地名に由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファイアンス
ふぁいあんす
faencefayenceフランス語

西洋の陶芸用語。イタリアのマジョリカ陶器の影響を受けて、16世紀以後、アルプス以北で焼成された軟質の錫釉(すずゆう)色絵陶器の総称。名称は、15、16世紀イタリアにおけるマジョリカ生産最大の窯場(かまば)ファエンツァに由来する。したがってファイアンスの技法は、イタリアのマジョリカ、オランダのデルフト陶器とほとんど同じである。概して胎土は粗く、釉薬はぶどう酒の搾りかすを灰にし、これに鉛と錫の酸化物を加える。焼成温度は1100℃前後。その主要窯場はフランスのヌベール、ムスティエ、ルーアン、ドイツのニュルンベルク、ハナウ、フルダ、ベルギーのアントワープ(アントウェルペン)、オランダのデルフトなどが知られる。なお、これらの西洋の錫釉色絵陶器のほかに、古代エジプトで焼成されたソーダガラス釉をかけた青釉陶器、タイル、ビーズ、護符なども一般にファイアンスとよんでいる。[前田正明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のファイアンスの言及

【陶磁器】より

…またこれに並行して,16世紀に入りイタリアの多くの陶工が,フランスやドイツに移住して窯を築き作陶に従事した。一般にアルプス以北ではスズ釉多彩陶器のことをファイアンスと呼んでいるが,これは15,16世紀を通してイタリアのマヨリカ陶器生産の一大中心地であったファエンツァの地名に由来するものである。フランスでは1512年,イタリアの職人たちがリヨンに来てファイアンスを焼いたのを皮切りに,64年にはヌベール窯が,79年にはムスティエ窯がそれぞれイタリア人によって開窯されている。…

【ファエンツァ】より

…陶器の生産地として,中世初め以来の古い伝統をもっており,長い間ヨーロッパの陶芸をリードしてきた。フランス語の陶器(ファイアンス)はこの都市の名に由来している。今日でも陶芸は盛んで,1908年に設立された国際陶芸博物館には,ファエンツァのみならず,古今東西の陶器が展示されている。…

※「ファイアンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファイアンスの関連キーワードアピスエジプト語エジプト美術ルクソールエジプト鼠エジプト綿コプト古代エジプト語エジプト風古代エジプト美術館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファイアンスの関連情報