コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファド fad

翻訳|fad

百科事典マイペディアの解説

ファド

ポルトガルの首都リスボン下町で歌われる民衆歌。典型的には中庸もしくは遅めのテンポの2拍子か4拍子で,こまかい装飾を利かせて,哀愁に富んだ短調または長調の旋律を歌う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ファド【fado】

ポルトガルの首都で港町でもあるリスボンの下町に行われる民衆的な歌謡。その発祥,少なくともこんにちに伝承される形が確立したのは19世紀前半のことと思われる。起源については船乗りの歌,囚人の歌,ある種の民謡から来たもの,ブラジルまたはアフリカからもたらされたものなどさまざまな説がある。音楽学的・歴史的に見て確率が高そうなのは,1800年前後にポルトガルあるいはブラジルでさかんに歌われた都会風で感傷的な歌謡モディーニャmodinhaと,軽快な踊り歌のルンドゥーlundúがこのジャンルの形成にあずかっていることである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ファド【fado】

〔宿命の意〕
ポルトガルの大衆歌謡。一九世紀前半にリスボンで歌いはじめられた、細かい節回しに特徴のある歌謡。哀切で抒情的な歌が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファド
ふぁど
fado

ポルトガルの大衆歌謡。語源は運命、宿命を意味するラテン語fatumにあるといわれている。起源には諸説があるが、一説にはリスボンで流行した叙情的歌謡モディーニャとブラジルで発達した黒人舞曲ルンドンが融合し、19世紀中ごろリスボンで成立したとされる。通常、独唱で歌われ(女性歌手が多い)、鼻母音を生かした発声で、哀愁に富んだ旋律を微妙に小節(こぶし)をきかしてデリケートに表現するところに特色がある。歌の内容は、恋愛や望郷の念など、人生の機微や生活感情に即したものが多い。伴奏はポルトガル・ギター(円形胴、六複弦の弦楽器)が高い甘美な音色で歌手の旋律を装飾し、ビオラ(四、五弦のギター)が低音部でリズムを刻み、ハーモニーを奏する。太鼓が使用されることもある。港町リスボンのカフェーなどで歌われる哀愁に満ちた「リスボンのファド」と、文教都市コインブラで大学生が歌う甘美で叙情的な「コインブラのファド」の二つの様式がある。第二次世界大戦後、名歌手アマリア・ロドリゲスによって広く世界に知られるに至った。[田井竜一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のファドの言及

【ポルトガル】より

… 以上は芸術音楽の略史であるが,ポルトガルには独自の民俗音楽もある。とくに名高いのがリスボンの大衆的な歌謡であるファドで,19世紀前半からの歴史をもち,小ぶしのきいた哀調に富む唱法,伴奏楽器ポルトガル・ギター(胴体はほぼ円形)の可憐な音色により,同市の人びとの抒情性,感傷性をよく表している。同じファドでもコインブラのそれは学生たちによって多く歌われ,ロマンティックで明るい。…

【リスボン】より

…16世紀に貴族の屋敷町として開発され,道と道とが直交する当時としては画期的な町並みを残す。今日ではアルファマとともに同国特有の歌謡ファドを聴かせる観光客相手のレストランが多い地区である。ロシオ広場の北西に隣接するレスタウラドーレス広場からは,北北西の方向に緩やかな登りで幅90m,全長1.5kmのリベルダーデ大通りが延びている。…

※「ファド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファドの関連キーワードロドリゲス(Amalia Rodrigues)マハーダージー・シンディアナーナー・ファドナビースリヒテンシュタインの要覧リヒテンシュタイン(国)サンタエングラシア教会アマリア ロドリゲスリヒテンシュタイン家リヒテンシュタインマフムド アッバスハンス・アダム2世国際農業開発基金薬剤耐性マラリアイドリス デビマジュムダールコニンクスローポルトガル文学マラータ戦争バイロアルトブルガール

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファドの関連情報