コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファンタン・ラトゥール Henri Fantin‐Latour

1件 の用語解説(ファンタン・ラトゥールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ファンタン・ラトゥール【Henri Fantin‐Latour】

1836‐1904
フランスの画家。グルノーブル生れ。肖像画家の父から絵の手ほどきをうけたのち,ルーブル美術館ベロネーゼファン・デイクワトーらに啓発される。印象派とも交際したが,作風は伝統的な手法を堅持,印象派展にも参加しなかった。当時最も人気を博した彼の作品は花の静物で,これらはフランスのみならず彼が何回か訪れたイギリスでも高く評価された。肖像画家としても知られるが,《ドラクロア頌》(1864),マネとその仲間たちを描いた《バティニョールのアトリエ》(1870)などは,形式的には17世紀オランダ集団肖像画につながり,穏健な作風を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のファンタン・ラトゥールの言及

【リトグラフ】より

…70年代にはマネ,ホイッスラー,ルドンらが画家の独創性を発揮した質の高い転写石版画を制作し,新たな可能性を示したが,これは個人的・趣味的制作にとどまり,依然として同時代の評価は低かった。大衆的に成功したのはファンタン・ラトゥールのみであった。 こうした石版の沈滞を打破したのは,80年代末のシェレJules Chéret(1836‐1931)による大型の色刷ポスターである。…

※「ファンタン・ラトゥール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファンタン・ラトゥールの関連キーワードクルーエグルーズテニールスレカミエ夫人マンデスフランスルノワールグランド・オダリスクぶらんこの絶好のチャンス横たわるオダリスク

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone