コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッシュポンプ fish pump

世界大百科事典 第2版の解説

フィッシュポンプ【fish pump】

魚などを水とともに吸いあげて移送する装置。アメリカで1940年代に,缶詰工場の原魚のイワシニシンを船から陸揚げするために開発されて成功をおさめ,次いで,海上で網に入った漁獲物を船倉に移すのにも使われるようになった。いずれも真空ポンプ型で,水は必要に応じて分離し,捨てたり元に戻す。新鮮なものほど水の量は少なくてよい。その後の改良により体長90cm程度のものまで,2~12t/minの速度で移送が可能となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィッシュポンプ
ふぃっしゅぽんぷ
fish pump

魚類を水とともに吸い上げ、漁獲または移送するために設計されたポンプの総称で、漁具としては副漁具にあたる。日本では魚を鮮魚として食用に供することが多く、魚体の損傷を少なくすることが望まれ、また比較的短時間に大量に移送するために考えられたもので、機構上次の3種類に大別することができる。(1)静止式容積タンク式 タンク内を真空ポンプで負圧にしながら水もろとも魚を吸い込み、ブロア(送風圧縮機)でタンク内を正圧にしながら圧送する。負圧または正圧のみで使用する方式もある。(2)ロータリー式 回転羽根がいわゆるブレードレスまたは二枚羽根型の構造で、その回転によって吸い込みと圧送を行う方式。(3)噴流式 ホースの途中に外部から高速の水または気体を流入させ、ホース内の魚を加速移送する方式で、いわゆる噴流吹き込み方式がこのタイプである。
 フィッシュポンプは、実際には次のような作業に用いられている。(1)漁場で水中の網の中から魚艙(ぎょそう)への魚の水揚げ。(2)漁船から運搬船へ、魚艙から魚艙への魚の移送。(3)岸壁で船から陸上への魚の陸揚げ。(4)加工場や魚市場内での魚の移送。(5)養殖場や活魚運搬船での活魚移送。
 また、現在フィッシュポンプが用いられているおもな漁業には、サンマ棒受網漁業、パッチ網漁業、小型定置網漁業などがあり、イワシ、アジ、サバ、サンマ、イカナゴ、ウナギなどの多獲性魚類が対象になっている。[添田秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フィッシュポンプの関連キーワードサンマ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android