コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィロストラトス フィロストラトス Philostratos, Flavios

3件 の用語解説(フィロストラトスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィロストラトス
フィロストラトス
Philostratos, Flavios

[生]170頃.レムノス?
[没]245頃
ギリシアの著述家。主著は『ソフィスト伝』 Bioi Sophistōn,『テュアナのアポロニオスの生涯』 Ta es ton Tyanea Apollōnion,『恋文』 Epistolai Erōtikai。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フィロストラトス【Philostratos】

紀元後2世紀から3世紀にかけて活躍したギリシアの著作家で,レムノス島出身のひとつの家系から同名の3~4人の作家が出たと考えられる。そのうち最も重要な人物は170年ころ生まれ3世紀の半ばに世を去ったフィロストラトスである。新ソフィストとしてアテナイで教えていたが,ローマに渡って皇帝の后ユリア・ドムナを保護者とする思想家たちのサークルに加わり,彼女の勧めで《テュアナのアポロニオス伝》を書いた。これは1世紀初頭に小アジアに生まれた新ピタゴラス派の哲人の伝記で,全8巻から成り,資料的には正確ではないが,インドを含む広い領域を放浪しながら教えを説いた苦行者的生活を描いていて興味ぶかい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィロストラトス
ふぃろすとらとす
Philostratos

古代ギリシア、新ソフィスト時代の同名の4人の著述家。レムノス島出身の一族に属し、2~3世紀にかけて活躍した。第一のフィロストラトスについては不詳。著作も残存しない。その息子の第二のフラビオス・フィロストラトスFlavios P.(170ころ―?)がもっとも重要である。アテナイに学び、のちシリア皇帝セプティミウス・セウェルスとその妃ユリア・ドムナJulia Domna(170―217)の後援を受けるが、後年アテナイに定住したとも、ローマに赴いたとも伝えられる。1世紀ころのカッパドキアのテュアナの聖者でピタゴラス主義を信奉するアポロニオスの伝記『テュアナのアポロニオス伝』など神秘主義的、オリエント的傾向が顕著な書物その他があるが、とくに『ソフィスト伝』2巻が有名。同書は古典期のソフィストのみならず、彼と同時代に「ソフィスト」とよばれた学者たちの伝記を収め、ローマ帝政期のギリシア文化を知るうえに重要である。第三、第四のフィロストラトスには『絵画論』の名による弁論修辞術の習作集や恋を主題とした書簡集などがある。[北嶋美雪]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフィロストラトスの言及

【ギリシア文学】より

…プルタルコスの著述においては,古代人の生の内面から輝きいでる力強い資質が語られているゆえに,時代が移ろっても古代の人々の面影を彷彿させる。過ぎにしギリシア文学の伝統を追慕する心情は,やはり帝政期の地誌家パウサニアスの《ギリシア旅行記》にもあり,フィロストラトスの《絵画論》《彫刻論》などからもくみ取ることができる。他方,アルキロコスやアリストファネスらの活発な風刺の精神もなお衰えず,この時期の文学に異彩を加えている。…

【太陽観測】より

…したがってオリエントや中国では早くから日食の予報が行われ,今もサロス周期として知られている規則性はバビロニア時代に知られていた。コロナの最古の記事はフィロストラトスの《テュアナのアポロニオス伝》に光環を見たとある。その後もコロナの観察記録があるが,コロナは地球大気中の現象ではないかと考えた者もいたが,太陽の大気であると実証したのは1869年の日食でハークネスWilliam Harkness(1837‐1908)とヤングCharles Augustus Young(1834‐1908)がコロナのスペクトル中に固有の輝線を発見したことによる。…

※「フィロストラトス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィロストラトスの関連キーワードシデタソス島フスタΈφεσοςキティオンタラント大聖堂プニクスの丘マーハーンニオロデュサヘルナーラーイラディブヤプラバンダム

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone