コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルセン フェルセン Fersen, Fredrik Axel, Greve av

4件 の用語解説(フェルセンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルセン
フェルセン
Fersen, Fredrik Axel, Greve av

[生]1719.4.15. ストックホルム
[没]1794.4.24. ストックホルム
スウェーデンの軍人,身分制議会議員。伯爵。ハット党 (→キャップ党・ハット党 ) の指導者。当時政権をとっていたキャップ党に反対しグスタフ3世と結ぶにいたったが,その絶対王政に失望,政治から身をひいた (1789) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フェルセン
フェルセン
Fersen, Hans Axel, Greve av

[生]1755.9.4. ストックホルム
[没]1810.6.20. ストックホルム
スウェーデンの軍人,外交官。伯爵。 F.フェルセンの子。フランス軍に勤務,アメリカ独立戦争の際,アメリカに派遣された。マリ・アントアネットと親しく,フランス王家と親交を結び,革命下にあって王家の逃亡を手配し (1791) ,のち反革命同盟軍の結成に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フェルセン
フェルセン
Velsen

オランダ北西部,ノールトホラント州の都市。アムステルダムの北西約 18km,アムステルダムと北海を結ぶ北海運河の河口付近に位置する。河口のアイモイデン,サントポールトなどは市域の一部を形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フェルセン【Hans Axel von Fersen】

1755‐1810
スウェーデンの伯爵,陸軍元帥。フランス軍の将校としてアメリカ独立戦争に従軍,帰仏後国王の外交官としてフランス事情を本国に伝え,その間マリー・アントアネット王妃の愛人となり,1791年のフランス王家の亡命を画策したが失敗した。帰国後99年にウプサラ大学学長に任命され,1810年,皇太子が急死,毒殺されたとの噂が広まり,その嫌疑をかけられ,皇太子葬儀に参列した際,暴徒化した群集に殺された。【清原 瑞彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フェルセンの関連キーワードスウェーデンスウェーデン語スウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡スウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーディッシュ・エルクハウンド《スウェーデンのG伯爵夫人の生涯》フランス・スウェーデン戦争スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェルセンの関連情報