コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェレル Ferrel, William

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェレル
Ferrel, William

[生]1817.1.29. ペンシルバニア,フルトンカウンティ
[没]1891.9.18. カンザス,メイウッド
アメリカ合衆国の気象学者。気象力学の開拓者。10年にわたって教師を務めたのち,1854年ナッシュビルに学校を創設。1857年アメリカ航海暦局,1867年沿岸測地調査局,1882年信号局に勤務。気流,暴風雨の研究,特に地球の自転が気流の方向に及ぼす影響に関する法則で知られ,『大気環流論』(1856)を発表した。また満潮,干潮を予測するための計器を発明した。『気象学研究』Meteorological Researches(3巻,1877~82)のほか,多数の著作がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェレル【William Ferrel】

1817‐91
アメリカの海洋学者,理論気象学の先駆者。ペンシルベニアに生まれ,生涯独身ですごした。家が貧しかったので農業に従事するかたわら,独学で勉強し,苦学を重ねて1844年ベサニー大学を卒業した。その後教師をしながら勉強をし,ニュートンの《プリンキピア》を読み,その影響を受け,潮汐の研究を行った。57年編暦局に入り,79年海軍の信号局(アメリカ気象局の前身)に入って86年退職した。この間,大気の運動に関する力学的な研究をすすめ,大循環や熱対流による低気圧の生成などを論じた《風の話Popular Treatise on the Wind》(1886)など気象に関する数冊の著書がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フェレル【William Ferrel】

1817~1891) アメリカの気象学者・海洋学者。大気の循環・低気圧などを研究し、気象力学を開拓した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェレル
ふぇれる
William Ferrel
(1817―1891)

アメリカの気象学者。理論気象学、大気大循環論などに貢献した。ペンシルベニア州の貧しい農家に生まれ、独学して同州のマーシャル大学に入学したが学資が続かず退学、ふた冬ほど学校の教師をして貯金したのちベサニー大学に移って卒業した。1857年、航海暦局技師となり天文や潮汐(ちょうせき)の研究などを行った。1879年に信号局に招かれ、気象学の研究に専念した。彼の研究では大気大循環論がもっともよく知られ、間接循環として生じた中緯度循環は現在フェレル循環とよばれる。また『風読本』A Popular Treatise on Winds(1889)ほかの専門的総合報告書は当時広く読まれた。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フェレルの関連キーワードマウラ・イ・モンタネルアイルランド(島)LEGO ムービーフェロー諸島1月29日根本順吉タピエス

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android