コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェーリング液 フェーリングえき Fehling solution

7件 の用語解説(フェーリング液の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェーリング液
フェーリングえき
Fehling solution

ドイツの化学者 H.フェーリングによって考案された還元糖の検出・定量用試薬。A液 (硫酸銅結晶 69.3gを水に溶かし1lとしたもの) とB液 (ロシェル塩 346gとカセイソーダ 100gを水に溶かして1lとしたもの) の等量混合物で,還元糖溶液に加えて煮沸すると酸化銅 (I) の赤色沈殿を生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フェーリング‐えき【フェーリング液】

糖の検出や定量に用いる試薬。硫酸銅溶液とロッシェル塩水酸化ナトリウム溶液を混合したもので、糖が還元されて赤色沈殿を生じる。ドイツの化学者フェーリング(Hermann Fehling[1812~1885])が発明。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フェーリング液【フェーリングえき】

アルデヒドや還元性糖類(ブドウ糖,果糖など)の検出,定量に用いられる試薬。硫酸銅水溶液と,ロッシェル塩アルカリ性水溶液を混合した濃青色の液をいう。還元性物質を加えて放置し,少し暖めると酸化第一銅Cu2Oの赤褐色沈殿を生ずる。
→関連項目アルデヒド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

フェーリング液

 糖の検出や定量に用いる試薬.硫酸銅,酒石酸カリウムナトリウム,水酸化ナトリウムの混合液で,還元性の糖によって銅イオンが還元され,亜酸化銅になる反応を利用する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フェーリングえき【フェーリング液 Fehling’s solution】

アルデヒドや還元性糖類の検出,定量に用いられる試薬。ドイツの化学者フェーリングHermann von Fehling(1812‐85)が1848年に創製したもので,銅(II)イオンの酒石酸錯塩を主体とする強アルカリ性の青色溶液をいう。長時間放置すると分解して還元性物質を生じるので,あらかじめ次のA,B2液を別々に調製しておき,使用直前になって両液を等量混合して用いる。 A液 硫酸銅CuSO4・5H2O69.315gを水に溶かして1lにしたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フェーリングえき【フェーリング液】

糖・アルデヒドなど還元性物質の検出や定量に利用される分析試薬。硫酸銅溶液と酒石酸カリウムナトリウム(ロッシェル塩)・水酸化ナトリウム溶液を使用直前に混合して用いる。ドイツの化学者フェーリング(H. Fehling1812~1885)が発明。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェーリング液
ふぇーりんぐえき
Fehling's solution

アルデヒド基-CHOが還元性をもつことを利用して、アルデヒド基を検出する試薬。1848年にドイツのフェーリングが考案したのでこの名でよばれる。結晶硫酸銅()35グラムを水500ミリリットルに溶かした溶液(第1液)と、酒石酸ナトリウムカリウム170グラムと水酸化ナトリウム50グラムを500ミリリットルの水に溶かした溶液(第2液)をつくり、別の瓶に保存し、使用するときに等容量をとり混合する。混合液は硫酸銅溶液より濃い青藍(せいらん)色であるが、アルデヒドを加えると、銅()イオンは還元されて赤色で不溶性の酸化銅()になる。したがって、液は無色になり赤色の沈殿を生ずることからアルデヒドが検出できる。この反応は、脂肪族アルデヒドや糖類では陽性であるが、芳香族アルデヒドでは陰性である。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェーリング液の関連キーワードパラアルデヒド還元糖糖類アルデヒド基ヒドロキシアルデヒドベネディクト試薬グリコールアルデヒドアロキサンチンカプリルアルデヒド芳香族アルデヒド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone