コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青藍 セイラン

デジタル大辞泉の解説

せい‐らん【青藍】

鮮やかなあいいろ。
あいいろの天然染料、インジゴ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいらん【青藍】

鮮やかな藍あい色。 「 -色」
インジゴのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の青藍の言及

【俳諧歳時記】より

…収録の季題は2600余にのぼり,従来の歳時記の京都中心の記述と異なり,江戸中心の解説が施されている点に特色がある。1851年(嘉永4),藍亭青藍により本書が増補されて,《増補俳諧歳時記栞(しおり)草》が刊行された。解説や例句のみならず,季題の数も3420余と増している。…

※「青藍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青藍の関連キーワードヤマトシジミ(チョウ)アカガネサルハムシアリモドキゾウムシラジバルディナ手タイヨウモルフォリュウキュウアイイトマキヒトデツチハンミョウフェーリング液センチコガネアサマシジミコノハチョウカラスアゲハクラマゴケ秋山左衛門俳諧歳時記ヒメコガネ殿村 藍田島田修二キンバエ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青藍の関連情報