青藍(読み)せいらん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 鮮やかなあいいろ。青藍色。
※帰省(1890)〈宮崎湖処子〉九「露けき草路、緑蕪(りょくぶ)、青藍(セイラン)の野を経過しつつ」
② 植物系の天然染料の一つ。インジゴ。〔稿本化学語彙(1900)〕
※落梅集(1901)〈島崎藤村〉雲「夜に入りて一天青藍を流したらんやうに、雲色の暗きはいよいよ暗く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の青藍の言及

【俳諧歳時記】より

…収録の季題は2600余にのぼり,従来の歳時記の京都中心の記述と異なり,江戸中心の解説が施されている点に特色がある。1851年(嘉永4),藍亭青藍により本書が増補されて,《増補俳諧歳時記栞(しおり)草》が刊行された。解説や例句のみならず,季題の数も3420余と増している。…

※「青藍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青藍の関連情報