青藍(読み)セイラン

大辞林 第三版の解説

せいらん【青藍】

鮮やかな藍あい色。 「 -色」
インジゴのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐らん【青藍】

〘名〙
① 鮮やかなあいいろ。青藍色。
※帰省(1890)〈宮崎湖処子〉九「露けき草路、緑蕪(りょくぶ)、青藍(セイラン)の野を経過しつつ」
② 植物系の天然染料の一つ。インジゴ。〔稿本化学語彙(1900)〕
落梅集(1901)〈島崎藤村〉雲「夜に入りて一天青藍を流したらんやうに、雲色の暗きはいよいよ暗く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の青藍の言及

【俳諧歳時記】より

…収録の季題は2600余にのぼり,従来の歳時記の京都中心の記述と異なり,江戸中心の解説が施されている点に特色がある。1851年(嘉永4),藍亭青藍により本書が増補されて,《増補俳諧歳時記栞(しおり)草》が刊行された。解説や例句のみならず,季題の数も3420余と増している。…

※「青藍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青藍の関連情報