コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォトジェニー photogénie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォトジェニー
photogénie

映画用語。「光」の意の photoと,「精霊」の意の génieが結びついた映画の表現概念。本来は写真的表現効果をさす写真用語。フランス映画理論家リッチョット・カニュードが,映画は劇的な真実よりフォトジェニーな真実を目指すべきだと主張したことに始まり,次いでフランスのルイ・デリュックが,映画を光と精霊の神秘的な一致,光と影のシンフォニーであると考えた。またフランスのジャン・エプスタンが,映像を事物がレンズによって新たな生命を与えられたものとして,一つのアニミズム現象としてとらえたり,レオン・ムシナックがフォトジェニーを視覚的なリズムとみなしたりして,1920年代に盛んに論議がなされた。作品面ではフランスの無声映画末期の傾向をフォトジェニー派と呼び,またその目指すところを「映画詩」と想定したところに特徴がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フォトジェニー(〈フランス〉photogénie)

映画の特質を表す語。レンズを通すことで、対象の本質がつかまれ、さらけ出されるということ。1920年代のフランスで用いられ、現代に至るまで多くの映画人が影響を受けた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

フォトジェニー【photogénie[フランス]】

写真うつりがいいことを意味するフランス語で,〈フォトジェニックphotogénique(写真うつりがいい)〉という形容詞も一般的に使われるが,映画用語としてはカメラうつりがいい俳優(とくに女優)の美しさを意味するとともに,サイレント時代の映画美学としての映面史的な意味をもつ。 かつて世界の市場を支配したフランス映画が,第1次世界大戦を機にハリウッド映画に圧倒されていた当時,フランスのもっとも先駆的な映画人の1人であったルイ・デリュックLouis Delluc(1890‐1924)は,映画の本質を〈フォトジェニー〉ということばであらわし,《フォトジェニー》(1920)と題する著書も出した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フォトジェニー【photogénie】

撮影することで生じる、写真・映画の詩的効果。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォトジェニー
ふぉとじぇにー
photognieフランス語

映画用語。映像の特質を表すことばとして、1920年代のフランスで使われた。カメラのレンズを通すことによって、対象の本質がつかみ出されるという考え方で、同時代のロシアのモンタージュ論が複数の画面の結合の仕方を重視したのに比べ、画面そのものの特質を重視した。語源的には、写真誕生時の造語「フォトジェニック」photognique(ギリシア語から「光がつくりだすもの」の意)に由来しており、これは写真うつりがよいという意味で、英語化もされて今日でも一般的に使われている。1920年に映画批評家・監督のルイ・デリュックが著書『フォトジェニー』のなかで独自の定義を与え、その後ジャン・エプスティンをはじめ多くの映画人に影響を及ぼし、今日に至るまで映像の特質を説明することばとして受け継がれてきている。[岩本憲児]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフォトジェニーの言及

【エプスタン】より

…ポーランド生れのフランスの映画監督,理論家。ルイ・デリュック(1890‐1924)の影響を受けて,〈フォトジェニー〉理論を展開した《映画よ今日は》(1921),《エトナ山上の映画論》(1926)などを発表する。アバンギャルドの監督としても活躍し,エドガー・アラン・ポーの怪奇小説を幻想的な映像表現で描いた《アッシャー家の末裔》(1928)が代表作。…

※「フォトジェニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フォトジェニーの関連キーワードサイレント映画鉄路の白薔薇実験映画

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android