コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フサザクラ

百科事典マイペディアの解説

フサザクラ

タニグワとも。フサザクラ科の落葉高木。本州〜九州の山地にはえ,谷筋に多い。葉は広卵形で先は尾状にとがり,縁には大小不整の鋸歯(きょし)がある。3〜4月,葉の出る前,短枝の上に暗赤色の花を開く。花被はなく,おしべは赤く房状になり,めしべとともに多数。果実はゆがんだ倒卵形で翼があり,9〜10月,褐色に熟す。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フサザクラ【Euptelea polyandra Sieb.et Zucc.】

湿った沢すじに多いフサザクラ科の落葉小高木(イラスト)。赤い花が房になって咲き,樹皮が桜に似るところからフサザクラの名がある。大きいものでは高さ8mほどになる。枝には短枝が発達する。葉は互生卵円形,粗い鋸歯があり,先端は長く突出する。花は両性花で,葉の展開に先立って3~4月に咲く。花被はなく,おしべ,めしべとも多数で,おしべは房状について赤く目立つ。果実には翼があり,風散布する。日本特産で,本州,四国,九州に分布。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フサザクラ
ふさざくら / 房桜
[学]Euptelea polyandra Sieb. et Zucc.

フサザクラ科の落葉高木。幹は直立し、高さ8メートルに達する。葉は長い葉柄があって互生し、扁円(へんえん)形または広卵形で幅約10センチメートル、先端は尾状にとがり、縁(へり)に不整の鋭い鋸歯(きょし)がある。早春、短枝の頂に両性花を束状につける。花柄は短く、花被(かひ)はない。雄しべは多数で花糸は短く、葯(やく)は線形で黒ずんだ紅色。雌しべは多数の離生心皮からなり、各子房に柄があり、全体として房状を呈し、名の由来となっている。果実も房状で、細い柄の先に扁平な翼がある。山地の川岸に生え、本州から九州に分布する。
 フサザクラ科はヒマラヤ、中国、日本に1属2種しかなく、類縁の不明な特殊な植物である。[古澤潔夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android