コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フス戦争 フスせんそう Hussitenkrieg

4件 の用語解説(フス戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フス戦争
フスせんそう
Hussitenkrieg

ボヘミアの宗教改革者 J.フスの焚刑後,カトリック教会の迫害に怒ったフス派の信徒が神聖ローマ皇帝ジギスムントに対して起した戦争。 1419年フス派と皇帝軍との衝突を皮切りに,20~31年フス派は皇帝が派遣した十字軍を5回にわたって撃破。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フス‐せんそう〔‐センサウ〕【フス戦争】

1419~1436年にわたるボヘミアフス派の反乱。フス処刑後、その信奉者がプラハで蜂起。神聖ローマ皇帝・ローマ教皇十字軍を派遣したが鎮圧に失敗、最終的に和約が成立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

フスせんそう【フス戦争】

1419~36年フス派が起こした反乱。ジギスムントによる五回の十字軍は失敗し、36年に和約が成立。 → タボル派

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フス戦争
ふすせんそう

ボヘミアのフス派の反乱(1419~36)。1415年フスが異端として処刑されたあと、ボヘミアでは抗議の動きが相次ぎ、ローマ教会派の司祭が教区から追放されたが、19年プラハで反乱が勃発(ぼっぱつ)し、全国に拡大した。当時ボヘミアでは教会と修道院が国土のなかばを所有し、ドイツ人が国内の要職の大多数を占めていたという事実が反乱の重要な背景をなしており、反乱はローマ教会とドイツ人に対するチェコ人の民族主義運動でもあったといえる。しかしフス派の側もウトラキスト派とタボル派の二派に分かれ、内部対立を抱えていた。
 ウトラキスト派は、パンとぶどう酒の聖餐(せいさん)を俗人信者にも与えよとの要求に由来する名称で、そのほか神のことばの自由な説教、教会財産の没収、聖職売買などの悪弊の廃止を共同綱領として掲げた。それに対してタボル派は、プラハ南方に彼らが築いた城塞(じょうさい)に名称の起源をもち、聖像・聖遺物崇拝、十分の一税、教会の階層秩序と修道院制度の廃止などを主張し、神の審判の間近なことを信じて、ウトラキスト派に比べてはるかにラディカルであった。
 神聖ローマ皇帝兼ボヘミア王ジギスムントは、ローマ教皇の要請もあって十字軍をボヘミアに派遣したが、タボル派を主力とするフス派の軍勢はしばしば十字軍を破り、一時はオーストリア、バイエルン、ザクセン、ブランデンブルクなどドイツ国内にまで侵入した。反乱の鎮圧に失敗した皇帝・教皇側は、1433年パンとぶどう酒による聖餐を認めることで和解を取り付け、翌年ウトラキスト派は和解に反対するタボル派をリパンに破り、36年に最終的な和約が成立。その結果、ウトラキスト派の信条によるボヘミア国民教会が認められることになった。[中村賢二郎]
『山中謙二著『フシーテン運動の研究』(1948・至文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フス戦争の関連キーワード雲英宗偉呼和浩特ラワルピンディ滋賀鷺と雪終の住処にらさき南きよさと久米美術館コープさっぽろ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone