フノリ(布海苔)(読み)フノリ(英語表記)Gloiopeltis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フノリ(布海苔)
フノリ
Gloiopeltis

紅藻類カクレイト目フノリ科の海藻ハナフノリ G. complanata,マフノリ G. tenax,フクロフノリ G. furcataなどの種がある。いずれも糊料として用いる。ハナフノリは高さ 3cmぐらいで,羽状に分枝した枝が密生し塊状になっており,潮間帯の上部から飛沫帯に群生する。マフノリ叉状の枝が広く広がり長さ 10~20cm,太さ1~4mmとなり,潮間帯の中位の岩上に群生する。フクロフノリは潮間帯の上部の岩上に群生し,高さ 7cm,太さ2~5mmとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フノリ【フノリ(布海苔) Gloiopeltis】

潮間帯の岩上に群生する小型の樹枝状の紅藻で,フノリ科に所属する1属。日本沿岸には3種が分布する。いずれも織物などの糊料(こりよう)の原藻となり,洗髪用,陶磁器用絵具のり,伸子(しんし)張りなどに用いられた。また地方によっては汁の実や刺身つまとして食用にする。ハナフノリG.complanata (Harvey) Yamadaは高さ2~3cm,密に分枝して全形は団塊状。北海道と日本海沿岸を除く各地沿岸の高潮線付近に生育する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報