コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フノリ(布海苔) フノリ Gloiopeltis

2件 の用語解説(フノリ(布海苔)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フノリ(布海苔)
フノリ
Gloiopeltis

紅藻類カクレイト目フノリ科の海藻。ハナフノリ G. complanata,マフノリ G. tenax,フクロフノリ G. furcataなどの種がある。いずれも糊料として用いる。ハナフノリは高さ 3cmぐらいで,羽状に分枝した枝が密生し塊状になっており,潮間帯の上部から飛沫帯に群生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フノリ【フノリ(布海苔) Gloiopeltis】

潮間帯の岩上に群生する小型の樹枝状の紅藻で,フノリ科に所属する1属。日本沿岸には3種が分布する。いずれも織物などの糊料(こりよう)の原藻となり,洗髪用,陶磁器用絵具のり,伸子(しんし)張りなどに用いられた。また地方によっては汁の実や刺身のつまとして食用にする。ハナフノリG.complanata (Harvey) Yamadaは高さ2~3cm,密に分枝して全形は団塊状。北海道日本海沿岸を除く各地沿岸の高潮線付近に生育する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フノリ(布海苔)の関連キーワードイシゲ(石毛)海虎の尾松藻百足海苔疣螺銀杏草玉黍貝フクロフノリエゾイシゲカヤモノリ(萱藻苔)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone