コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライターク Freytag, Gustav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フライターク
Freytag, Gustav

[生]1816.7.13. シュレジエン,クロイツブルク
[没]1895.4.30. ウィスバーデン
ドイツの劇作家,小説家。ブレスラウベルリン両大学で学び,ブレスラウの講師をつとめた。新聞界を風刺した喜劇『ジャーナリストたち』 Die Journalisten (1854) で大成功を収め,続いて社会小説『貸しと借り』 Soll und Haben (55) も市民生活の賛歌として当時のベストセラーとなった。小説『失われた稿本』 Die verlorene Handschrift (64) ,6巻から成る大歴史小説『祖先たち』 Die Ahnen (73~81) のほか,文化史『ドイツの過去の図絵』 Bilder aus der deutschen Vergangenheit (5巻,59~67) ,『戯曲技巧論』 Die Technik des Dramas (63) が著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フライターク

ドイツの作家。自由主義的ジャーナリストとして活躍しながら著作を始める。選挙をめぐる新聞社の動きをとらえた喜劇《新聞記者》(1852年)や,市民社会を描いた長編《借りと貸し》などのほか,民族精神育成のために書いたドイツ文化史《ドイツの過去の諸像》がある。
→関連項目ドラマトゥルギー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フライターク【Gustav Freytag】

1816‐95
ドイツ写実主義の作家,歴史家シュレージエンに生まれ,ブレスラウ,ベルリンの両大学に学び,母校の講師や雑誌の編集に携わった。作家としては感情を込めない会話体の戯曲から出発したが,今日知られるのは《新聞記者》(1854)程度。その後写実的現代小説を手がけ,民族教化の立場から勤勉なドイツ商人の姿を描く《借りと貸し》(1855)を書いた。これによって彼は人気作家となったが,貪欲なユダヤ商人や高慢な貴族との対比は類型的にすぎ,他の歴史小説も民族主義的色彩が濃く,今日,人気・評価共に高かった当時との乖離(かいり)はあまりにも大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フライターク
ふらいたーく
Gustav Freytag
(1816―1895)

ドイツの劇作家、小説家、ジャーナリスト。シュレージエンのクロイツブルク生まれ。ブレスラウ大学で学び、のちに同大学で講師を務めた。1848~70年、ライプツィヒで週刊誌『国境の使者』の共同編集者となり、急進主義を否定し、自由主義的な立場から新興中産階級が新たな国家建設の基盤であると主張、プロイセンによるドイツ統一を希求して多くの読者を得た。67~70年には北ドイツ議会で国民自由党の議員となった。プロイセン・フランス戦争には皇太子付きとして従軍。86年、枢密(すうみつ)顧問官に任ぜられたが、貴族の称号は辞退した。文学者としては「若きドイツ」の影響下に出発、作風は写実的である。政界・新聞界を描いた喜劇『ジャーナリスト』(初演1852)があるが、のちに小説に転じ『借り方と貸し方』(別名『アントン物語』1855)では台頭せる市民と斜陽貴族を対比、初期資本主義社会を描いた。文化史的労作『ドイツ過去の姿』(1859~67)を小説化した『先祖たち』(1872~80)は4世紀から1848年ころまでのドイツの生成過程を描いている。また『戯曲の技巧』(1863)は劇の五幕分割に根拠を与える典型的19世紀戯曲論である。[佐々木直之輔]
『小堀甚二訳『アントン物語』(1943・有光社) ▽菅原太郎訳『フライターク戯曲論』(1938・春陽堂) ▽島村民蔵訳『戯曲の技巧』上下(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フライタークの関連キーワードマイダーニードイツ演劇7月13日演劇学観念劇

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android