明け暮れ(読み)アケクレ

デジタル大辞泉の解説

あけ‐くれ【明け暮れ】

[名](スル)
夜明けと夕暮れ。朝と晩。
あることに絶えず専念すること。「勉強に明け暮れする」
(副詞的に用いて)明けても暮れても。いつも。しょっちゅう。「け暮れ物思いに沈む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あけくれ【明け暮れ】

( 名 ) スル
朝と晩。朝夕。
そのことをして毎日を過ごすこと。 「調査に-する」
(副詞的に用いて)明けても暮れても。いつも。しじゅう。 「今に目に付き候て-忘れやらず/金色夜叉 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明け暮れの関連情報