コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明け暮れ アケクレ

デジタル大辞泉の解説

あけ‐くれ【明け暮れ】

[名](スル)
夜明けと夕暮れ。朝と晩。
あることに絶えず専念すること。「勉強に明け暮れする」
(副詞的に用いて)明けても暮れても。いつも。しょっちゅう。「け暮れ物思いに沈む」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あけくれ【明け暮れ】

( 名 ) スル
朝と晩。朝夕。
そのことをして毎日を過ごすこと。 「調査に-する」
(副詞的に用いて)明けても暮れても。いつも。しじゅう。 「今に目に付き候て-忘れやらず/金色夜叉 紅葉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

明け暮れの関連キーワードウスペンスキー(Nikolay Vasil'evich Uspenskiy)サンタライオネル・ピゴット ジョンソンアフマド・シャー・ドゥッラーニーユスティニアヌス(2世)フランクフルト国民議会ジャヤバルマン(2世)ジャヤバルマン[2世]F.A.A. ラクロア桂 菊団治(2代目)フェリペ(3世)越中おわら節グッドイヤー柳家 小団治サンドラールケルスキ人内を出違う桜井 敏雄中山さおり岩谷 真哉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明け暮れの関連情報