コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルクトース フルクトースfructose

翻訳|fructose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルクトース
fructose

一般にD-フルクトースのことをさす。果糖ともいう。化学式 C6H12O6 。無色の吸湿性の結晶で融点 103~105℃。広く植物中に存在する。特にグルコースなどとともに果実中に遊離の形で,あるいはグルコースと結合してショ糖として含まれる。また動物の精液の主要な糖で,精子のエネルギー源である。糖類のなかで最も甘く,製菓に利用されるほか,グルコースの利用できない糖尿病患者用の甘味料,解毒剤,強心剤,利尿剤などとして用いられる。蜂蜜,果汁から分離され,ショ糖,フルクタンの加水分解などによって製造される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フルクトース(fructose)

炭素を6個もつ単糖類ケトン基をもつ六炭糖。天然のものはDフルクトースで、果実などに多く含まれるので果糖ともいい、強い甘味がある。化学式C6H12O6

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フルクトース

果糖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

フルクトース

 C6H12O6 (mw180.16).

 果糖,レブロースともいう.代表的なケトヘキソースで,単糖の形でも自然界に多く存在し,結合型でもショ糖,イヌリンレバンなどの形で存在する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

フルクトース【fructose】

炭素数六個の単糖類。化学式 C6H12O6 強い甘味をもち、果実や蜂蜜に多量に含まれ、スクロース(ショ糖)やイヌリンなどの多糖類の成分として植物界に広く存在するのは D -フルクトース。食用・薬用。果糖。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フルクトース
ふるくとーす
fructose

代表的なケトヘキソース(ケトン基をもつ六炭糖)として知られ、天然のものはD‐フルクトースで、多くの果汁中にあるので果糖、また左旋性であるところからレブロースlevulose(左旋糖)ともよばれる。比旋光度

で、融点104℃。結晶しにくく、吸湿性が強い。水に溶けやすく、エタノール(エチルアルコール)やアセトンにも溶けるがピリジンには溶けにくい。フェーリング液を還元して赤色沈殿を生ずる。D‐グルコース(ブドウ糖)とともに果汁や蜂蜜(はちみつ)中に遊離の形で存在し、自然界に存在する遊離のフルクトースはほとんどがピラノース型で、少糖や多糖中ではつねにフラノース型である。キクイモやダリアなどキク科植物の塊根中に含まれる多糖のイヌリンは、フルクトースの重合物(フルクタン)であり、酸加水分解でフルクトースを生ずる。
 フルクトースの甘味は糖類中最高で、ショ糖の約1.5倍も甘い。結晶のβ(ベータ)型は甘味が強いが、溶液になると甘味がβ型の3分の1ぐらいしかないα(アルファ)型に部分的に変化し、温度が高くなると、α型の含量が増えてくる。したがって、加熱によって甘味が弱まる。ショ糖の加水分解物には等量のフルクトースとグルコースが含まれており、甘味料として優れ、転化糖とよばれる。また、グルコースに異性化酵素を作用させて一部をフルクトースに変え、甘味を増強させた異性化糖もつくられている。
 動物界では一般に合成されないが、精液中にあって精液糖とよばれ、精子のエネルギー源になる。動物に摂取されたフルクトースはヘキソナーゼやフルクトキナーゼなどによってフルクトース‐1‐リン酸に変えられる。リン酸エステルのうち、フルクトース‐6‐リン酸やフルクトース‐1・6‐リン酸は解糖系の中間に位置し、生化学的に重要な役割を果たす。また、フルクトースを静脈注射するとグルコースより速やかに吸収され、糖尿病患者ではインスリンとは無関係に甘味料として用いられる。[村松 喬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフルクトースの言及

【果糖】より

…ケトン基をもつ六炭糖(ケトヘキソース)で,ブドウ糖と共存して自然界に広く存在する。化学名はD‐フルクトースでC6H12O6の分子式で示される。 ショ糖は果糖とブドウ糖が結合してできた二糖類である。…

【炭水化物】より

…少糖は単糖が2~20個程度,多糖はさらにそれ以上結合したものである。単糖の例としてはブドウ糖(グルコース),ガラクトース,また少糖の例としてはグルコースが2分子結合した麦芽糖(マルトース),グルコースと果糖(フルクトース)が結合したショ糖(砂糖),グルコースとガラクトースが結合した乳糖(ラクトース)をあげることができる。多糖にはデンプングリコーゲンセルロースなどがある。…

※「フルクトース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フルクトースの関連キーワードフルクトースフルクトースフルクトースフルクトースビスリン酸アルドラーゼ欠損フルクトースビスリン酸ホスファターゼフルクトースビスホスファターゼ欠損フルクトース2,6グルコースリン酸イソメラーゼ高フルクトースコーンシロップフルクトアルドラーゼB欠損本態性フルクトース尿症本態性フルクトース血症フルクトース6グルコースイソメラーゼ本態性フルクトース血アルドラーゼB欠損症フルクトキナーゼ欠損本態性フルクトース尿アルドラーゼB欠損フルクトース不耐症

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フルクトースの関連情報